サカモトハルキのブログ

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

僕はなぜ「不動産投資」というものに惹かれたのか? 

結論から先に言いますと、自律神経失調症になったあと、僕は自分の人生について深く考えるようになります。

 

そして、その自分探しの旅のなかで、僕は『不動産投資というものがこの世にあり、どうやらそれをやれば自分の望んでいた人生というものが手に入りそうだぞ』ということを発見するのです。

 

それは僕にとって人生で最大の発見でした。

僕は不動産投資というものと出合ったことによって人生が救われました。それは僕にとって画期的な発見でした。「これだ!」と思い、全身が震えたのをおぼえています。

 

僕は不動産投資をやったおかげでサラリーマン生活から卒業することができ、ストレスからも解放されました。自由な時間も手に入れ、2010年には法人成りをし、以来今日にいたるまで不動産賃貸業を生業(なりわい)として暮らしています。

 

おかげさまで会社のほうは黒字が続いており、2019年には記念すべき10期目に突入しました!

 

よく言われることですが、不動産投資は不労所得です。不労所得とは読んで字のごとく、働かなくても収入が入ってくる所得のことです。

実際、そうだと思います。僕は死ぬほど忙しいサラリーマンをしていましたので、大家さんの労働時間の少なさにはびっくりしています。自由を愛する人(僕みたいな人ですね)にはもってこいの商売だと思います。

 

その代わり、忙しく働くことが生きがいの人にとっては退屈で退屈で苦しくなることでしょう。

サラリーマンは勤労所得です。働かないと収入が入ってきません。不労所得も勤労所得も、どちらも収入を得る方法という点は一緒です。どちらが良くて、どちらが悪いというものではありません。

 

お金に「良い」も「悪い」もないのです。あとは好みの問題になってくると思います。

勤労所得の場合、「働いてる!」という実感が持てるので、張りがあるかもしれない。その代わり、もしも何らかの理由で働けなくなったら、その時点で収入は途絶えてしまいます。

 

それに対して不労所得の場合は、基本的には働かないでもお金が入ってくるので退屈かもしれません。その代わり、もしも何らかの理由で働けなくなったとしても、お金は入ってきます。自分が働かなくても、資産が働いてくれるので収入が入ってくるのです。

 

僕のやってる不動産投資でいうと、「家賃」というものが入ってきます。僕が病気になったり、ケガをしたりしても、アパートに入居してくれる入居者さんが家賃を払ってくれているかぎり、僕のポケットにはお金が入ってくるのです。

 

これって、よく考えたらスゴイことだと思いませんか? ある日、僕はこのすごい発見をしてしまったんですよ! 

これで僕の悩みは解決です。これで自由と豊かさ、そしてストレス・フリーな生活を同時に手に入れることができます。

 

これこそが僕が探し求めていたことだったのです! 

 

 

次のページ > 僕は不動産の勉強がしたくて、不動産会社へ転職した

 

 

www.saka-haru.com