サカモトハルキのブログ

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

人生が大きく変わるきっかけとなった『自律神経失調症』 

大学を卒業して新卒で入った会社では僕は「リース」の仕事をしていました。最初から不動産会社に就職したわけではなかったのです。僕はリースの仕事を約11年くらいやりました。

 

僕は今でこそ絵に描いたような『のんびり屋さん』の毎日をおくっていますが、若い頃からのんびり屋さんだったわけではありません。最初は僕も血気盛んな、上昇志向の強くタイプの男でした。

完全に企業戦士タイプのバリバリの営業マンだったのです!

 

僕は世の中の多くの企業戦士がそうであるように、朝から晩まで一生懸命、馬車馬のように働きました。営業だったので当然ノルマもありましたし、同僚と営業成績を競い合う毎日に何ら疑問も持っていませんでした。

頑張った分だけ歩合もつきましたので、最初は張りきって仕事をしていたような気がします。

 

「自由気ままな暮らしをしたい」なんて、あの頃には考えもしなかった。ただただ目の前のノルマを達成することだけがすべて。ライバルに営業成績で負けないことがすべてでした。

 

僕はがむしゃらに働きました。サービス残業、休日出勤なんて当たり前でした。定時で帰ろうとする人間がいたら舌打ちをするようなイヤなでした・・・

でも、そんな無茶苦茶な生活、長く続くはずがありません。僕はしだいに(自分でも気がつかないうちに)心と身体のバランスを崩すようになっていきました。

 

僕の場合、それは「めまい」という症状となってあらわれました。

僕はある日、激しいめまいに襲われました。次の日も、また次の日も、朝起きると立っていられないほどの激しいめまいに襲われました。

 

若手社員によくありがちな「会社に行きたくない・・・」という気持ちは僕にはありませんでした。それどころか、「もっと働きたい」「いい成績を取りたい」という意欲に燃えていました。

だけど、あまりにもめまいがひどくて、とてもじゃないけど仕事どころではないのです。

 

最初は「単なる風邪か何かだろう・・・」と簡単に考えていました。僕は病気ひとつしたことのない健康体でしたし、うつとかそういう精神的な問題とも無縁でした。

心の問題を抱えている人の話を聞いても、どこか『人ごと』でした。「オレには関係ない世界の話だ・・・」と思っていました。

 

ところが、僕の激しいめまいは1週間が経っても2週間が経ってもおさまりませんでした。「さすがにこれはおかしい」ということで、僕は病院に駆け込みました。

内科にも行きましたし、耳鼻科にも行きましたし、脳神経外科にも行きました。むかし喘息の発作が起きたことがあったので、「もしかしたら、それが影響してるんじゃないか?」と思って呼吸器科にも行きました。

 

でも、どこに行っても「どこもおかしなところはない」と言われました。しかし、めまいは一向におさまりません。そして、総合病院でいろんな科をまわって最後に「ここに行ってみて」と言われて訪れた科が『心療内科』でした。

 

僕は「まさか!」と思いました。僕に限って、心の問題を抱えるはずはないとタカをくくっていました。だけど、先生といろいろ話をして、その先生から言われたのが『自律神経失調症だね』という言葉でした。

 

僕はとてもショックを受けました。なぜなら僕は「自分はそういう精神的な問題を抱えるようなタイプではない」と思っていたからです。でも、僕のめまいの原因は僕が心身のバランスを欠いてることが原因だったのです。

 

でも、それは僕が自分の人生を見つめなおす良いきっかけになりました。あのとき、激しいめまいに襲われていなかったら、僕はこのような自由でハッピーな毎日はおくれていなかったはずです。

それは僕にとって『強制終了』でした。神様がストップをかけてくれたのです!

 

 

次のページ >  僕が人生のどん底から復活できた理由

 

 

www.saka-haru.com