サカモトハルキのブログ

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

僕は儲けすぎないように注意している

意外に思われるかもしれないし、こういう理由で会社を設立する人間も珍しいのかもしれませんが、僕は実はお金のために法人成りをしたわけじゃないんです。

 

僕の経営方針はズバリ、『儲けすぎないこと』なんです。

 

???と思われる方も大勢いらっしゃることでしょう。僕は何のために会社をつくったのか。それは「自由」と「幸せ」を両方手にいれるためです! 

もちろん、自由と幸せを同時に得るためにはお金は必要です。僕は清貧の思想をいいと思ってるわけじゃないんです。でも、かと言って僕は金の亡者でもありません。

 

とにかくどこまでも利潤を追求し、そのためには寝る間も惜しんで働く・・・・みたいな生き方はしたくないのです。

ほどほどに儲けて、ほどほどに暮らす。僕は不動産投資なんてものをやっているし、お金に関する記事がほとんどなので、ときどきお金大好き人間のように言われたりもしますが、そうではないのです。

 

お金は必要なものです。僕は決して「貧しくても心が豊かであれば・・・」なんて思ってません。だけど、お金だけがすべてではありません。

お金のために自由な時間を失ったり、家族との一家団欒の時間を失うような生き方はしたくありません。

 

基本的にお金をたくさん得たいと思ったら、たくさん働かなければなりません。僕の場合は不動産賃貸業をしているので、たくさん働く必要はありません(不動産投資は不労所得なので)。

でも、お金をたくさん得たいと思ったら、無理して物件の数をたくさん増やさなければならないでしょう。そうすると、銀行からたくさん借金をしなくてはいけません。

 

もちろん、僕は借金をすることが悪いことだと言うつもりはありません。僕のブログを読んでもらえばわかると思いますが、僕は借金というものをかなり肯定的にとらえているし、今の僕があるのは借金のパワーを利用したおかげだと思っています。

 

だけど、それにも「限度」というものがあります。自分の身の丈に合わない規模を借金をした場合、おそらく僕は足を踏み外すと思います。

 

さらに、あまりにも借金の額が多すぎて、間違いなくそれがストレスとなって僕を苦しめると思います。それではちっともハッピーな人生は送れません。

せっかく不動産投資による不労所得で自由な時間を獲得したのに、あまりにも多すぎる借金のせいで幸せを感じられないなんて嫌です。

 

僕はサラリーマンの世界からドロップアウトする、という普通の人が歩まないような道を選択しました。サラリーマン時代の僕は時間に追われ、ストレスにまみれ、いつもセカセカしていました。

だから今度は思いっきり自由に、のんびり、ハッピーに生きたいと思ったのです。

 

もしも僕が過剰なまでの金の亡者だったら、おそらく今のこの自由と幸せは手に入れらてなかったと思います。そういった意味で僕は「お金のために会社をつくったのではない」「経営方針は、儲けすぎないこと」と書いたのです。

 

 

  

次ページ > 人生が大きく変わるきっかけとなった『自律神経失調症』

 

 

www.saka-haru.com