サカモトハルキのブログ

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

僕の人生は「優秀な資産」を手に入れたことによって変わった 

毎月僕に(正式にはうちの会社に)キャッシュフローをもたらしてくれているアパートたちは僕にとって大切な『資産』です。僕自身はそれほど大した人間ではないのですが、僕が取得した資産たちはどれも大したものです。

 

不動産投資のスゴイところはやってるプレイヤーがそれほど優秀じゃなくても、資産が優秀であればきちんと利益を獲得することができることです。笑

 

僕は勉強もスポーツもダメダメで、社会人としてもそれほどパッとしなかったけど、優秀な資産を見つけることだけはうまかったみたいです。そのことに僕が不動産会社で厳しい修行を積んだことが大きく影響をおよぼしていることは言うまでもありません。

 

僕は不動産会社で悪戦苦闘する日々のなかで、ひとつひとつ賃貸経営を成功するためのノウハウを学んでいたのです。

 

アパートの部屋ひとつを決めるにしても、顧客のニーズを的確に把握し、そのニーズを満たすような部屋にしなければ決まります。それはカンタンなことではありません。多くの大家さんが空室がなかなか決まらなくて苦労しています。

だけどいったんノウハウをつかんでしまえば、あとはラクです。そういう物件をいくつか所有していきさえすれば、やがてそれは大きな資産になります。

 

僕がこんなふうに毎日自由気ままに暮らしていけているのは、僕が取得した資産たちが僕の代わりに稼いでくれるからです。もしもあなたが僕みたいに自由に生きたいと望んでいるのならば、僕がやったように「優秀な資産」を取得することをオススメします。

 

でも、そのためには『リスク』というものを引き受ける覚悟をもたなければなりません。普通の人はこの段階で挫折します。

「お金持ちになりたい」「自由になりたい」と口ではいろいろ言いますが、実際に大きなリスクを背負ってまで本気でお金や自由を追い求める人はほんのわずかしかいません。

 

ほとんどの人はその巨大なリスクを目の前にすると、足がすくんでそこから一歩も動けなくなります。

実際に家族を養ってゆくだけの家賃収入を得ようと思ったら、不動産を何棟も購入する必要があります。僕は10棟以上の不動産を取得してきました。

 

半分近くはここ数年の不動産価格の高騰期を見計らって売却し、大きなキャピタルゲインを得ましたが、それでも最高3億円以上の借金を背負いました。普通の人はそこまで大きな借金を背負おうなんて思いません。

なんと言ってもここは日本です。日本では子どもの頃から親や学校の先生から「借金は絶対にするな!」「借金を背負ったら人生がダメになるぞ!」と散々教えられて育ちます。

 

3億円なんていう借金の額はサラリーマンの年収だけでは到底返せる額ではありません。もしも賃貸事業が失敗でもしたら、、、、それはもう地獄が待ってるだけです。

だから、たいていの人はここの関所をどうしても越えることができません。だからほとんどの人は死ぬまで働きつづけることになります。

 

それに加え、ここ日本では『商売人』に対する風当たりも強いです。日本は先進国でもっとも起業する人の割合が低い国として有名です。学校を卒業したら、ほとんどの人が勤め人の世界へ旅立ち、ほとんどの人がその世界から一歩も出ないまま一生を終えます。

 

商売をやる人間に対する世間からの風当たりの強さは、はっきり言ってみなさんが想像している以上です。

それやこれやの巨大なリスクをみなさんは背負うことができるでしょうか?

 

でも「リスクなきところに飛躍もなし」です。「優秀な資産」というのは、リスクを背負う覚悟を決めた人間でなければ手に入れることはできないのです。

 

  

次ページ > 僕はお金よりも時間を優先したいタイプ

 

 

www.saka-haru.com