サカモトハルキのブログ

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

サカモトハルキっていったい何やってる人なの? 

僕は何をやって生活しているのかというと、ひとことで言うと『大家さん』です。北海道でアパートを5棟、月極駐車場を1ヶ所保有していて、そこから得られる家賃収入や駐車場収入で家族を養っています。

 

数年前までアパートを10棟以上保有していましたが、ここ数年の不動産価格の異常な高騰ぶりを見て、いくつかの物件を売却しました。どの物件も僕が取得した値段よりも恐ろしく高く売れ、おかげで僕は多額のキャピタルゲインを得ることができました。

この売却益のおかげでうちの会社は一気に黒字になり、経営を安定させることができました。

 

「本当に不動産からの収入だけで家族を養っていけるの?」と不思議に思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、それができるんですよ! 

 

僕は学校の成績が優秀だったわけでもなく、社会人になってからも優秀な営業マンだったわけでもありません。でもなんと驚くなかれ、そんな人間でも会社の社長になれちゃったりするんです。

これが資本主義というもののおもしろいところです。

 

僕はこの自分の会社を持つことによって自由と豊かさと心のやすらぎを得ることができています。

 

これを得るために必要なことは次の2つです。

 

  1. お金
  2. 自由を心の底から愛する気持ち

 

僕はこの2つが揃っていなければ、真の意味での自由も、豊かさも、心のやすらぎも得られないと思っています。

 

もしもお金だけを目的に生きてゆくのならば、24時間働けますか的な生き方をして、歩合を稼げばいい。頑張れば、相当な額の報酬を得ることはできるでしょう。

でもその代わり、その生き方を選ぶことによって失うものも多いはずです。

 

朝から晩まで仕事漬けなので、自由な時間もなくなります。家族とのやすらぎもなくなります。たまの休みも旅行に行っても、いつも仕事のことが気になって気になって仕方がない……という毎日。きっと相当なストレスと共に生きることになるでしょう。きっとカラダも健康体ではなくなってしまうでしょう。

 

高い年収と引き換えに、いろんな大切なものを失ってる人はけっこう多いのではないでしょうか。

だけど、お金は必要です! 

「自由はあるけど、お金はない」では困るのです。

 

ときどき「お金は大切なものじゃない」と言う人もいますが、僕はその考えには賛同しません。お金はとっても大切なものです。この資本主義社会を幸せに生きてゆくためにはなくてはならないものです。

 

それほど大きなお金である必要はありません。でも、家族を養っていけるくらいのお金は稼がなければいけません。

僕は金の亡者になるつもりは毛頭ありませんが、清貧の思想も嫌いです。

 

僕がなぜ不動産投資なんてものをやろうと思ったのか? それはこれをやれば自由と豊かさと心のやすらぎを同時に手にすることができる!と思ったからです。だから僕は「大家さんになろう!」と思ったのです。 

 

 

次ページ > 僕と不動産の関わりについて

 

 

www.saka-haru.com