サカモトハルキのブログ

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

もしかして僕は日本でいちばん自由なパパかもしれない 

みなさんこんにちは! 

サカモトハルキ(@sakamoto1haruki)です。

 

このページでは僕がどんな人間なのかについて自分なりに書いてみました。

 

僕は「もしかしてオレは今、日本にいるパパさんの中でいちばん自由なお父さんなのではないか?」とふと思うことがあります。

 

もちろん厳密に言えば僕よりもはるかに自由を謳歌している人はたくさんいるのでしょうが、少なくとも僕のまわりには物理的な意味でも、精神的な意味でも僕よりも自由に生きるパパさんというのは見受けられません。それくらい僕は毎日、自由を感じながら生活をおくっているのです。

 

今、多くのお父さんが満員電車に揺られ、厳しいノルマを抱え、社内の醜悪な人間関係に耐え、サービス残業や休日出勤もいとわずにため息をつきながら働いています。とくに僕と同世代の40代のパパさんなんかは世間から「働き盛り」なんて言われ、『人生のすべてが仕事』という状態に置かれている人も少なくないでしょう。

 

仕事が好きで、会社勤めが全然苦にならないという人ならまだいいでしょう。また、それほどストレスを感じることもなく、高い給料をもらえるようなホワイトな会社に勤めている人もいいでしょう。

でもきっとそういう人ばかりじゃないはずです。僕もサラリーマン経験が長いので、社会に出て働くということがどれほど過酷なことなのか身をもってわかっています。

 

日本では自殺する人の数は相変わらず高止まりだし、うつ病をはじめとする精神疾患を患ってる人も激増しています。あるいは、ひきこもりになってしまう人の数も年々増加傾向にあります。

アベノミクスの影響で株価は盛り返し、大企業も増収増益を続けているいっぽうでそういう現象も起こっているのです。まさに光と影です。

 

僕と同じ年代の苦しんでるパパさんたちを見ていると、心の底から気の毒に思います。どうして僕みたいな人間がこんなに自由でハッピーな毎日を送ることができているんだろう? 僕はいつもそう思って暮らしています。

 

どうして僕よりも優秀な人が社会のなかで苦しんでいるのに、僕は平日の昼間にスポーツジムに行って汗を流したり、スタバでゆっくりコーヒーを飲みながらブログを書いたりできるんだろう? 

 

僕は2010年の暮れに脱サラして、自分の会社を設立して以来、ずっとそんな疑問をもち続けてきました。もうかれこれ10年になります。だって僕は何の取り柄もない人間だったんですよ! 

 

子どもの頃から勉強もできなかったし、スポーツで華々しい成績をおさめたこともありませんでした。サラリーマンになってからも、それほど優秀な営業マンではなかったと思います。そんな僕がどうして今、こんなに自由でハッピーな毎日をおくれているんだろう? 

 

 

次ページ > サカモトハルキっていったい何やってる人なの? 

 

www.saka-haru.com