サカモトハルキの哲学

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

30年後のキャピタルゲインを狙う投資法って、かなりのストレスのかかる投資法だよね・・・

『老後30年平均2000万円』は間違っていない! 人生のマネー・ロードマップをどう作っていくか という記事を読んだよ。

 

 

 

www.fnn.jp

 

 

僕はキャピタルゲインを目的に投資するのは危険だと思っているんだ。

それはギャンブラーとか、ブローカーと呼ばれる人たちがやる投資スタイルだよ。

 

たとえ投資期間が3分後だろうが、30年後だろうがね。

とにかく『値上がり益』を期待して、それを全力買いするようなマネはしないほうがいいよ。

 

そういう危険なバクチみたいなものはギャンブラーとか、ブローカーと呼ばれる人たちにお任せしましょう!

 

僕たちは酪農家のようにのんびりと牛を広い大地に放牧して、牛たちのお乳を搾り、そこからおいしい牛乳をいただいて生きていきましょう!

きっとその方がストレスがないし、賢いし、おまけに儲かると思うよ。

 

家賃収入、配当、株主優待、預金金利、etc・・・

いわゆる『不労所得』と呼ばれているものにもっと注目しよう!

 

30年って長いよね・・・

 

その期間おいしい牛乳を味わうことなく、ただただ牛がまるまる太らせ、それを高値で売りさばくことを期待し続けるのって、ものすごいストレスだよね。

 

30年間のあいだに市場が夏の季節を迎えることもあるだろう。

だけど、冬の季節を迎えることもあるよね。

それは何回だろう?

2回? 

いや、下手したら3回・・・

 

耐えられるだろうか?

 

 

その3回の冬の季節を果たして耐えられるだろうか?

その冬が終わるまでに何年かかるだろう。

もしかしたら1年で回復するかもしれない。

でも、もしかしたら10年かかるかもしれない。

 

ちなみに1929年の大暴落からS&P500がそれ以前の株価に戻るまでに25年かかったそうだよ。

 

もしも"次の大暴落"が今の株価に戻るまでに25年かかったら・・・

もしも"次の次の大暴落"が今の水準に戻るまでに25年かかったら・・・

 

残りの人生のあいだに夏は何回やってくるだろう。

冬は何回やってくるだろう。

 

100歳まで生きるかもしれないけれど、70歳で死ぬかもしれないよね。

いのち短し恋せよ乙女、だよ!

 

なるべく早くお金が手に入るならそれに越したことないよね。

 

今もらって30年間ハッピーに暮らすのと、必死に耐え忍んで30年後にもらうのと、どっちがいい?

 

おいしい牛乳を味わないながら、毎日楽しく暮らしたほうが良くないですか???

本当に30年後にもらえるかどうかも定かじゃないのに・・・