サカモトハルキのブログ

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

金融庁がススメている資産運用法をやったとしてもそんなに儲からないし、きっと損すると思うよ!という話

何歳から老後資金を使う?老後のライフプラン という記事を読んだよ。

 

 

headlines.yahoo.co.jp

 

金融庁と証券会社と投信会社によるコングロマリットがしきりに薦めているiDeCoやつみたてNISAによる資産運用。

 

やる人はやってもいいと思うけど、おそらく損するし、儲かったとしてもそんなに儲からないと思うよ。

 

34倍になるって言ってる人いるけどそんなにならないって・・・

 

 

そのやり方がそんなに儲かるものだとするならば、なぜそれをヒトにススメている人たちはすでに引退してないんだろう?

なぜいまだに勤め人を卒業できていないんだろう?

 

 

彼らは分散投資をススメているはずのに、なぜ彼らがススメるものが株や投資信託という『紙の資産(ペーパー・アセット)』ばかりなんだろう?

 

紙の資産という一種類のカゴに資金を投入するという行為は、分散投資ではなくて『集中投資』なのではないだろうか?

 

なんでこういうiDeCoみたいな資金拘束されちゃうものにみんな目がくらむのか本当に理解できない。

 

節税効果という甘い蜜に引き寄せられて、そに裏側に潜んでるさまざまなデメリットのことが目に入らなくなっちゃうんだろうな

 

美しいバラには棘があるんだよ。

 

 

  

business.nikkei.com

 

ところで、なんで厚生労働省は今回のこの騒動の期間中もこんなにおとなしいんだろう?

年金といえば厚労省だよね・・・

 

なんで『金融庁・発』だったんだろう?

 

もう一度、考えてほしい。

「資産運用」というキレイな言葉に騙されないで欲しい。

資産運用とはつまり、『投資』という言葉をキレイな言葉に置き換えただけ。

 

投資というのはもちろん損をすることもある、ということ。

そこにはリスクがある、ということ。

 

これを金融庁はやれ!と言っているんだよ

 

GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)という日本のトップ・エリートたちが運用しても投資でマイナスを出している、というこの事実を見過ごすべきではないと思う。

 

僕らが彼らよりも優秀な成績をおさめられるという根拠はいったいどこにあるんだろう?

その自信はいったいどこから来るんだろう?

 

やっぱりヘンだな。

いったい厚生労働省はどこに行っちゃったの?  

何をやっているの?

 

どうして金融庁が年金のことを語ってるの?

なんで年金の話がいつの間にか、『投資』の話になっちゃったの?

 

来月にはインデックス投資ナイトというでっかいイベントが控えてるみたいだけど

みんな騙されてるんじゃない?笑