サカモトハルキの哲学

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

自分の身の丈にあった「ちょうどいいくらいのお金」があることがいちばんの幸せという話

モノの多い年収1000万円とシンプルライフの年収400万円、その幸福度は? という記事を読んだよ。

 

 

wezz-y.com

 

幸せにはお金は必要という考えには賛同するよ。

でもお金だけあれば幸福になれるわけじゃない。

 

どんなにリッチでも人間的に最低なヤツというのも残念ながらいるんだよ。

 

僕は品性があり、ユーモアがあり、困ってる人・弱い立場の人の側に立ってものを考えることができる素敵なお金持ちになりたいな。

 

必要以上のお金はいらない。

分不相応なことはしたくない。

自由で、ストレスフリーで、家族と笑顔に暮らせるくらいのお金があればそれでいい。

 

9千万円のタワマンなんかに住みたくない。

ベンツもBMWも乗りたくない。

 

 

自分にちょうどいいくらいの額を稼ぐ。

 

 

僕が目指しているのはそれなんだよ!

 

 

gendai.ismedia.jp

 

年収の高さや高価なものが必ずしも幸福につながるわけじゃないと思う。

年収1,000万円を超えるサラリーマンの人を何人も知ってるけど、その人たちの1週間の労働時間はハンパないッスよ。

 

また身の丈に合わないタワマンや高級車を乗り回す暮らしが、かえってその人の経済問題を悪化させる場合もある。

 

ノーベル経済学賞を受賞したプリンストン大学のダニエル・カールマン教授は年収780万円を超えると人間の幸福度は下がると言っている。

 

もちろん貧乏も困る。

やっぱり『ほどほど』がいいんじゃない?

「去年よりちょっと贅沢できる」ぐらいが丁度いいのかも。

 

幸福はお金だけでは実現しないよね。