サカモトハルキの哲学

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

銀行融資をすんなり通すためには銀行が好むような物件を持っていけばいいんだけどさ・・・

銀行員が明かす「こんな投資家は融資を引けない」 という記事を読んだよ。

  

 

www.rakumachi.jp

 

 

銀行の人はよく『本部と闘う』という言い方するよね。

各支店の担当者や支店長は審査通したいんだけど、本部の審査部がダメっていうパターンもあるんだ。

 

だから融資担当者を困らせないような物件を持っていかないとね。

まあ、それがいちばん難しいんだけどさ。 

 

銀行の人が喜ぶような物件っていうのは結局のところ担保評価が高いような物件ってことになるよね。

新しくて、RCで、都会で・・・・ってな話になる。

 

だけど、そういう物件って利回りが低いんだよね。

物件価格が高くなっちゃうから、どうしても利回りが悪くなっちゃう。

 

だけど、利回りは高いけど、ボロボロの木造アパートを持っていくと、「担保評価が・・・」って話になって結局融資を断られちゃう。

この辺りはとてもむずかしいところだと思う。

 

僕は結構古い物件を好んで購入するようにしている。

新築とか築浅には興味がないんだよね。

だからいつも銀行とケンケンガクガクの協議をするハメになる。

 

よく今までの物件、融資の審査が通ったと思うよ!笑

 

 

日本では積算評価(土地と建物の原価)とよばれる不動産の資産価値を重視するよね。

銀行の人も積算評価でばかり物件を見てるところがある。

 

でも一番重要なのは収益還元法だよ。

キャッシュフローだよ!

どんなに立派な物件でも、儲からなきゃ意味ないよね。