サカモトハルキの哲学

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

将来に明るい希望が持てないような状態で、いったい誰が安心して結婚して子供を育てようなんて思うだろうか?

こういうツイートをしたよ。

 

 

 

年金100年安心プランとかって言って、「年金は大丈夫だ!」と繰り返してきた政府。

だけど、若者たちはとっくにそれが真っ赤な嘘だってことを気づいていた。

 

だからみんな結婚をしなくなってきた。

たとえ結婚したとしても、積極的に子供を増やそうとする人はいなくなってきた。

さらに貯金をする人もいっぱい増えた。

 

そりゃそうだよ。

みんな将来が不安なんだ。

もう年金がもたないということは薄々わかっていたんだ。

だけど政府は、「大丈夫だ」と繰り返してきた。

 

そこにきて急に今回、金融庁が例の報告書を発表した。

 

これによって僕はますます結婚しようと思う人は減り、子供をつくろうと思う人も減ると思ってるよ。

さらに消費も冷え込むし、将来に備えて貯金をしようと考える人はますます増えると思ってる。

 

政府は本当は国民に貯金をしないで投資をしてほしいんだよ。

ご存知のとおり、銀行にはもうイヤっていうくらいお金が集まっているんだ。

お金が不足してるんじゃないんだ。

お金がジャブジャブ余っているんだ。

 

本当は貯金をしないでお金を使ってほしいんだ。

家を買ったり、車を買ったり、旅行に行ったり、外食をしたりしてほしいんだ。

そうじゃなかったら経済がまわっていかないから・・・

 

ところが将来が不安だからみんなお金を使おうとしない。

ますます銀行にはお金が集まってくる。

本来であるならば企業にお金を貸して、それで企業が経済を引っ張っていってくれればいいんだけど、企業のほうも内部留保ばかりを増やしてちっともお金を借りようとしない。

 

ますますお金は余る。

マイナス金利にしても、銀行にお金を預けにくる。

 

困った・・・

このままなら日本経済は立ちいかなくなる・・・

 

その苦肉の策として出てきたのが、つみたてNISAやiDeCoを使って資産運用をしましょう!という案だと僕は思ってる。

 

ところが、なかなかこれが国民のあいだに浸透していかない。

やっぱりこの国の人々は投資や資産運用というものに懐疑的なんだ。

 

僕はそれはなかなか賢いと思っている。

バブルの教訓なのか、ITバブルの教訓なのか、はたまたリーマン・ショックの教訓なのかわからないけれど、この国の人々は投資とか資産運用というものの恐ろしさを感覚的にわかっているんだ。

 

DNAと言えば大げさだけど、「そんなに簡単に勝てるものじゃない」ということを受け継いできたんだ。

僕はそのとおりだと思う。

 

日本にしろ、アメリカにしろ、今すごく株価が高い。

絶好調といってもいい。

だけど、このような現象というのはいつの世もくり返されてきたんだ。

そのことを人々はよくおぼえている。

 

だから簡単に株を買おう・投資信託を買おうという気になれないんだ。

 

もちろん株や投資信託を買って利益を出している人もいる。

だけど、よく見てみるとそういう人たちも結局は日経やS&P500頼みだったりする。

要するに、日本やアメリカの株価にすがっているだけだったりする。

 

だからどうか見ていてほしい。

もしもこの株価が暴落をしたら、今、Twitterなんかでイキってる多くの自称・投資家たちは大人しくなるから・・・

 

もうそんなにもたないと僕は思ってる。

そんなに遠くない未来に重要な局面というのは必ずおとずれると僕は思ってるよ。

 

未来永劫ずっと右肩上がりというのはあり得ないんだ。

金融庁もそのことはよくわかってる。

わかったうえで、国民に投資をすすめているんだ。

 

それがどんなに危険なことかわかるだろうか?

 

多くの人が株式投資に参入するようになれば、上場している企業の株は買われることになるよね。

たとえ個別で買おうが、投資信託を通じて買おうが・・・

 

それは企業にとっては喜ばしきことだ!

だって、株価が上昇する要因になるわけだからね。

 

それからたくさんの人が株式市場に参入してくることは、証券会社にとっても喜ばしきことだ。

たくさんの人が取引をしてくれれば、それだけ手数料が入ってくるからね。

 

そして、投資信託を運営する会社にとっても喜ばしきことだ。

ご存知のとおり、投資信託というのは保有しているだけで毎日『信託報酬』という名の手数料がかかるものだからね。

 

政府にとっても喜ばしきことだよ。

株式市場が活性化して、企業が潤えば、それだけ法人税が入ってくる。

企業が設備投資をしたり、不動産などの資産を購入すれば、固定資産税も入ってくる。

従業員や役員報酬を増やせば、所得税も入ってくる。

そして誰かが株式投資で利益を得れば、そこからも税金を取ることができる。

 

要するに、みんながウィン・ウィン・ウィンになるというわけなんだ!

だから必死になって、投資をすすめている。

 

でも庶民はなかなか賢いね!

その手に乗らない・・・

 

投資が促進されるどころか、ますます貯金しようと思ってる。

だって、どうなるかわからないもんね。

そりゃ、そうだよ。

今が株価が高いってことは、「そのうち落ちる」ってことだからね。

 

それから金融庁がそのような発表をしたことによって、ますます庶民のマインドは冷え込んじゃった。

その影響を計り知れないと僕は思ってるよ。

 

結婚する人は減り、子供をつくる人は減り、消費も減るだろう。

そうなると、年金制度はますます不安定なものになるし、税収も減るかもしれない。

 

税収を増やす目論見ではじめたことが、結果的に税収を減らすことになっちゃう!

 

そりゃ、そうだよ。

未来に展望が開けないんだ。

将来が不安なんだ。

 

いったい誰がそんな国で安心して結婚し、子供を育て、マイホームを購入し、車を購入し、旅行に行き、外食をし、「安心してお金をいっぱい使おう!」なんて思うだろうか・・・

 

 

関連記事

www.saka-haru.com

www.saka-haru.com

www.saka-haru.com

www.saka-haru.com

www.saka-haru.com

www.saka-haru.com

www.saka-haru.com

www.saka-haru.com

www.saka-haru.com

www.saka-haru.com