サカモトハルキの哲学

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

不動産投資は自分のお金ではなく、他人のお金を使って儲けることができるめずらしい投資法

株式投資というのは自分のお金(自己資金)で勝負しなきゃいけないものだよね。それに対して不動産投資というのは他人のお金(銀行借入)を使って勝負することができるユニークなものなんだ。

 

もちろん多少は自己資金(頭金)を用意しなければいけない。銀行から2割と言われるか、3割と言われるか、はたまた「1割でいいです」「フルローン、オーバーローンでいいです」と言われるかは、そのときの話し合い次第によって変わるよ。

 

不動産投資のおもしろいところは、そうやってほぼほぼ人のお金を使っているにもかかわらず、僕のポケットには家賃収入という名のキャッシュが入ってくること。

そしてバランスシートのうえでは支払いが進むにつれて、資産がどんどん膨らんでゆくこと。

 

自分のお金を使って儲かったり、資産が増えていったりするのなら話はわかるよ。ところが不動産投資の場合は人のお金を使っているのに儲かったり、資産を膨らませたりすることができるんだ。

それはとっても不思議なことだよ。

 

さらに、もしも途中でその不動産を売却したくなったら、いつでも売ることができるんだ。そこでキャピタルゲインを得たら、もちろんその儲けも自分のものにできる。

仮に借金を全額払い終えたのなら、抵当権も外れるので、真っさらな状態の資産が残ることになる。その建物も、その土地も、好きにしていいんだ。

建物を壊して新しいアパートを建設してもいいし、更地にして月極駐車場にしてもいい。売却してキャピタルゲインを得てもいい。

 

不思議なことに人のお金を利用してはじめたことなのに、保有期間中も儲けることができるし、それを売るときにも儲けることができるってわけなんだ。

もちろんアパート・ローンを全額払い終わる頃には建物は老朽化がだいぶすすんでいるはずだよ。だけど一棟モノの不動産の場合、『土地』という強い味方が残るんだ! だから僕は一棟モノにこだわってやっている。区分所有があまり好きではないのは土地が手に入らないからなんだよ。

 

やっぱり、なんだかんだ言って土地を持ってる人は強いよ。いまも昔も、地主がお金持ちなのはそういった理由からなんだよ。最初からリードしてるんだ。アドバンテージをもらっているんだ。それには叶わないよ。

最初から土地を持ってるから、その自分が持ってる土地のうえにアパートさえ立ててしまえば相当いい利回りの物件ができあがることになる。それはやっぱりおいしいよね!

 

話がズレたけど、とにかく不動産投資のメリットは自分のお金で勝負しなくても儲けることができるということ。人のお金(銀行のお金)を利用して儲けることができるということ。

これだけはよくおぼえておこう! 古今東西、いろんな投資があるけど、そんなことができるのは不動産投資だけなんだよ。笑

 

 

関連記事 

www.saka-haru.com

www.saka-haru.com

www.saka-haru.com

www.saka-haru.com

www.saka-haru.com

www.saka-haru.com

www.saka-haru.com

www.saka-haru.com

www.saka-haru.com