サカモトハルキの哲学

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

『ガイアの夜明け』は不動産投資がおキライ!?

テレビ東京『日経スペシャル ガイアの夜明け「マネーの魔力」』第56回ギャラクシー賞 報道活動部門 優秀賞を受賞! という記事を読んだよ。

 

 

 

www.tv-tokyo.co.jp

 

『ガイアの夜明け』の一連のレオパレスがらみの不動産投資の特集、すごかったよね。

ギャラクシー賞も受賞したみたいだね。

 

なんとかという不動産販売会社もひどいし、ス◯ガもひどいんだけど、あの女性はなぜ岩手県のあのボロボロのアパートを8,000万円もの借金をして購入しようと思ったんだろうか?

なぜあれが儲かると思ったんだろうか?

 

そこがいちばん気になった!

 

でも18部屋という部屋数は魅力だったな。

あの女性、「雨漏りしてる」とか「壁紙がボロボロ」とかって散々、自分の物件のことを文句言ってたけど、それらのことは修理・修繕すれば直ることだよね。

 

だからその女性が行き詰まったこととは直接的には関係ない話だ。

問題は『資金繰り』と、悪い物件に手を出してしまった『目利き力』だよね。

 

融資の件が問題視されてたけど、実は融資の件って2番目、3番目の話だったんじゃないかな。

あの女性が不動産投資に失敗したことに何か関係があるのだろうか。

 

実際にあの人は自分の目で物件を見てるわけだし、8,000万円という価格も自分でわかっていたわけでしょ?

「部屋の様子が見れなかった」と言うけど、そういうことはよくあるケースだし、部屋の様子を見ないで決めた人がみんな行き詰まるわけじゃない。

 

まあ、僕自身は部屋の様子が見れない物件には絶対に手を出さないようにしているけどね・・・

 

あのアパート、生活保護とか学生向けの超低家賃で募集する物件だったら良かったのに。

でも8,000万円という価格から逆算すると、きっとそういう家賃設定の、そういう層を狙った物件じゃなかったんだろうな。

 

まあ、ひと言で言って『良くない物件に手出しちゃった』ということなんだろうな。

 

だから僕は前から言ってるでしょ。

動産投資は普通の人は手出しちゃいけないものなんだってば!

 

 

関連記事

www.saka-haru.com

www.saka-haru.com

www.saka-haru.com

www.saka-haru.com

www.saka-haru.com

www.saka-haru.com

www.saka-haru.com

www.saka-haru.com