サカモトハルキのブログ

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

人生の岐路に立ったとき、あえてむずかしい方を選んでもいいと思う!

結婚、仕事、家族、残業……『わたし、定時で帰ります。』が描く、人生における“選択”の難しさ という記事を読んだよ。

 

 

 

realsound.jp

 

 

人生の岐路に立ったとき、あえてむずかしい方を選ぶのもいいと思う。

 

むずかしい方とは、自分の好き勝手にするということ。

まわりを無視し、自分のやりたいことを優先する。

 

それはとてもむずかしいこと。

まわりに合わせて、波風を立てず、大人しくしてたらどんなにラクだったか・・・

 

でも、ラクな道ばかり選んでいたら、夢を叶えることはできない。

 

本当はもう自分の中で答えは出ている。

本当はそっちに行きたい、そっちを選択した方がいいってわかっている。

 

だけどそっちを選ぶと、いろいろ大変なことになるから、そのむずかしい方を選べない

 

ただそれだけなんだよね。

 

 

やっぱり、遠くまで飛んでいきたいなら、どこかで勝負に出ないとね。

バッターボックスに立ってホームランを打つ気があるなら早い方がいい!

 

 

“命短し恋せよ乙女”

 

 

って有名なフレーズがあるよね。

黒澤明の『生きる』にも出てきたフレーズだ。

 

ホント、そのとおりだと思う。

時間はあっという間に過ぎ去ってゆく。

薔薇はいつまでも咲いてはいない。

 

「将来」とか「老後」とか言ってチャレンジすることをためらっているうちに、人生なんてあっという間に終わっちゃうんだよ。