サカモトハルキのブログ

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

アパート経営でいちばんツライのは『修繕工事費』がかかること!

リフォーム? 客付け?「築古物件」の空室はこう埋める という記事を読んだよ。

 

 

 

www.rakumachi.jp

 

アパート経営の最大の敵はやっぱり『工事費』だよね。

痛い!けど、どうすることもできない。

 

建物を扱う以上どうしても発生してしまう。

 

だからこそ、最初からそのつもりで利回りの高い物件を購入しなきゃいけないし、物件部屋ともに数を増やさなきゃ収益が安定しないんだ。

 

 

これといった大きな修繕工事が何もなく、家賃も満額入ってくる月もあるけど、その月によっては2部屋同時にがっつり工事費が発生したりすることもある・・・

 

そういうときは、「あーあ、不動産ってツライな。株式投資はいいなぁ、工事とかと無縁でさ」って思ったりもするよ。笑

 

アパート経営に『修繕』は付きものだ。

小さい修繕でも管理会社から一回一回電話がかかってくる。

 

それはかなり精神衛生上良くない。

かける方も嫌だけど、受ける方も嫌な電話だ。

 

だから「今度から月〇万円までならこっちに連絡しないでそっちで勝手に直していいよ」と取り決めしておくようにしよう。

 

建物という『モノ』を相手にしている以上、修繕は必ず起こる。

だから管理会社にある程度権限を与えておくのだ。

 

その方がこちらも楽だし、あっちも楽だ。

報告を受けようが受けまいがどっちみちやらなければならないのだ。

 

お金で精神的安らぎが得られるならそっちの方がいいのではないだろうか。

 

不動産投資は不動産という“モノ”を扱う商売だということを忘れてはいけないよ! 

そしてモノっていうのは必ず劣化する。

だから不動産投資をやる人は「修繕費や工事費はつきものだ」と思っておいた方がいいよ。

修繕費や工事費を計算に入れないまま動いてしまったら、大変なことになるよ

 

でも、不動産の取得に動いてる最中は冷静さを失ってる人が多い。

だからついつい「モノは劣化する」ということを忘れちゃう人が多いんだよね 。

 

金融資産のいいところは、現物資産のような修繕や工事といった問題に悩まされないということだよね。

「三井物産の株が雨漏りしちゃって」とか「この投資信託の原状回復のリフォームに50万かかった!」なんてことないでしょ?笑

 

不動産投資をやる人は必ず『修繕積立』をやらなければならない!

 

キャッシュフローが出たからといって「わーい!」ってな具合にそれを全部使ったり、安易に再投資の資金にあててしまったら、いざ修繕工事が発生したときに資金繰りに困ることになる。

 

そして「必ず」「絶対」修繕工事は発生するんだ。