サカモトハルキの哲学

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

勤め人になる教育と訓練しか受けたことのない人に、いきなり「投資家になれ!」と迫る政府の残酷さについて

老後に2000万円不足すると脅す金融庁ポジショントークを掘り下げてみよう! という記事を読んだよ。

 

 

 

blogos.com

 

 

僕たちは安全で安定した仕事に就ける人間にするための教育は受けてきたけど、厳しい投資の世界で稼げる人間にするための教育はしていないよね。

 

最大の問題はそういう『従業員教育』しか受けてこなかった人に対して、国がいかなり『投資家になれ』と強制していること。

 

 

そりゃ、法律は簡単に変えることができるかもしれないよ。

だけど『人間』というのはそう簡単に変えることはできないよね。

 

法律が変わったからといって、人々が急に明日から『優秀な投資家』『優秀な事業家』になれるわけじゃない。

 

勤め人と、投資家や事業家ってまったく別の人間だからね。

 

勤め人はどちらかと言うと「安全」や「安心」を求める人たち。

投資家や事業家はどちらかと言うと、そういうものよりも「リスクをおかしてでも飛躍」を求める人たち。

 

考え方やモノの見方がそもそもまったく違うんだ。

 

そのように訓練されてないし、教育されてないし

 

もしも急ピッチで訓練や教育をやったからといって株式市場で勝てるとは限らないし。

たぶん負ける。

 

「アインシュタインお墨つきの長期・分散・積立・複利で運用すれば23倍になる!」と言ってる人もいるけど、そんなに簡単な話じゃないと僕は思ってるよ。