サカモトハルキの哲学

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

3棟、4棟、5棟・・・と不動産投資を拡大してゆくためには早い段階から黒字を出さなければならない理由

不動産の融資が厳しくなることは、投資家に悪いことばかりではない? という記事を読んだよ。

 

 

 

hedge.guide

 

うちの会社は5棟という規模で不動産賃貸業を営んでいるけれど、MAX10棟くらいまであった。

個人も含めると、もうちょっとあった。

ここ数年の不動産価格の(僕に言わせれば)『異常な高騰』に乗じて半分を売却した。

 

それができたのも1棟目が成功したおかげなんだよね。

 

 

 

銀行からお金を借りられなくなった時点で不動産賃貸業としての事業拡大はストップしてしまう。

 

借金が怖いんじゃない。

「借金ができない」ことが怖いんだよ。

 

そのためにはやっぱり『実績』ってすごく大事!

そのために最初の物件でつまずいてはいけない。

 

それを足がかりにしなければならない。

 

ほとんどのケースでは最初に取引した銀行とその後も交流を続ける。

その間、銀行は「入居率」も「経営状況」も「税金をいくら払ったか?」も、すべてをチェックする。

ごまかすことは一切できない。

 

2棟目、3棟目、4棟目、5棟目・・・と融資してもらうためには銀行から『信用』を得なければいけない!

 

個人(あるいは限りなく個人の規模に近い法人)の場合、ざっくり『1億円』というのがボーダーラインだと僕は思ってます。

アパート一棟ものだったら、ざっくり3棟目くらい

1棟目、2棟目はすんなり融資してもらえたけど、3棟目で断れたという人も多いと思う。

それは『実績』が見られたんじゃないかな?

 

 

1棟目、2棟目のキャッシュフローはどのくらいだろう?

黒字になり、ある程度の税金は納めているだろうか?

 

やっぱり銀行はきっちりと結果を出してる個人(あるいは法人)じゃないと融資しないと思う。

 

だから「赤字になって税金払わなくて、ラッキー! バンザーイ!」ってわけにはいかないんだよ。

 

 

関連記事

www.saka-haru.com

www.saka-haru.com

www.saka-haru.com

www.saka-haru.com

www.saka-haru.com

www.saka-haru.com

www.saka-haru.com

www.saka-haru.com