サカモトハルキの哲学

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

「専門家」とか「アドバイザー」とか「コンサルタント」とか呼ばれてる人の話には気をつけろ!

「専門家」とか「アドバイザー」とか「コンサルタント」とか呼ばれてる人の話にはホント、気をつけた方がいいよ。

 

その人がJ.P.モルガンに勤めていたとか、メリルリンチに勤めていたとか、東大卒だとか、そんなことに惑わされない方がいいよ。

 

みんな商売でやっているってことを忘れてはいけないよ

 

投資信託の運用会社も、販売会社も、信託財産管理会社も、証券会社も、そういった企業から広告料をもらっている出版社も、もちろん『税収』をあげたい政府も。

 

みんな商売。

イッツ・ア・ビジネス!

 

みんな『何らかの意図』を持って情報発信し、みなさんに近づいてくる。

あの手この手を使ってね。

 

顧客を観覧車に乗せ続け、上がっても下がっても『純資産高-純資産高×(信託報酬率÷365日)』の手数料を荒稼ぎするのもビジネス。

 

媒介契約をした不動産会社がレインズに登録せず、両手の仲介料欲しさに自社で『囲い込み』をするのもビジネス。

 

顧客の幸せより自分たちが儲かることの方が大事なんだ。

 

『実は証券会社と紐づいていて、バックマージンもらってました!』って人もたくさんいる。

 

いいんだよ。

それが彼らの商売なんだから。

そうやってメシを食ってるんだ。

 

それで従業員の給料を払い、事務所の家賃を払い、家族を養ってるんだ。

大切なことは僕らがそれを理解しているのかということ。

 

カモにならないように気をつけよう!

 

ウォーレン・バフェットも言ってるよね。

 

ポーカーをやり始めて

20分たっても、まだ誰がカモかわからない人は、

自分がカモなのだ

 

って