サカモトハルキの哲学

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

映画『ハゲタカ』を観て思ったこと

 

ハゲタカ

ハゲタカ

 
映画 ハゲタカ(2枚組) [DVD]

映画 ハゲタカ(2枚組) [DVD]

 

 

 


映画「ハゲタカ」

 

 

ドラマも素晴らしかったけど、映画の方もめっちゃ良かった! 

2008年のリーマンショックの直後に公開された作品だけど、今にも通じるところがいっぱいあってる。

 

何と言っても玉山鉄二がすげぇカッコよかった! 

中国からやってきた影のある謎のファンドマネージャーを見事に演じていた。

 

 

自動車メーカーの派遣社員の高良健吾に玉鉄が言う、

 

ああ、あの人ね、ファイナンシャル・アドバイザー。

週に何日か会社に来て、月収300万円。ボーナス1億。

広尾のマンションは家賃200万。会社持ち。

やってられないよね。

派遣? 時給いくらだっけ? 

地獄だよ、日本は

 

 

というセリフがグッときた。

 

 

大森南朋も相変わらず良かった。

綾野剛には申し訳ないけど、鷲津の役は大森南朋じゃないとダメだね

 

鷲津が言う、

 

政治家、官僚、大企業腐りきった既得権益層がテーブルの真ん中に居座り、バカな国民はただそれをヘラヘラ見てるだけ

 

 

これも恐ろしいくらい現代にピッタリくるセリフだね。