サカモトハルキの哲学

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

僕は今の学校教育で『良しとされていないこと』をやってハッピーな暮らしを手に入れた!

銀行からお金を借りて何か事業を行うこと。それ自体は何も悪いことではないと僕は思っているよ。

 

日本ではすっかり「事業=悪」「借金=悪」という話になってしまっているけれど、エジソンにしろ、ロックフェラーにせよ、フォードにせよ、松下幸之助や本田宗一郎にせよ、事業家ってみんな借金したんですよ!

 

商売と借金というのは車の両輪。商売人はむかしから銀行からお金を借りて、それを燃料にして事業を拡大してきたんだよね。スターバックスも、アップルも、Amazonもみんなそうしてきたんだよ。

その燃料をつかってどこまで遠くまで走れるか・・・・それがビジネスの本質なんだよね。

 

うちの会社も銀行から多額の借金をしているよ。はっきり言って、『億』を超える借金だよ。びっくりでしょ! 億を超える借金をするなんて、「バカだなぁ」ってカンジでしょ?

 

だけどね、その「バカだなぁ」と思えることが僕に自由と豊かさ、そして幸福をもたらしてくれているんだよ。信じられないかもしれないけれど・・・

 

僕は個人・法人合わせて10棟(11棟だったかな?)くらいの不動産を銀行借入によって手に入れてきたんだ。ここ数年の不動産価格の異常な高騰のタイミングでその半分を売却し、大きな売却益を得たから、今は5棟+月極めの駐車場の土地を所有している。

 

想像してみて! 

不動産を何棟も保有したらいったいいくらの借金をしなきゃいけないと思う? 軽〜く『億』を超えるよ! 

 

みんなきっと驚く金額だと思うけど、億を超える借金を平気でできるくらいにならないと、不動産賃貸業で食っていくのはムヅカシイ・・・という話になるよ。

たぶん、そんなにたくさんの借金を抱えてる人はみなさんのまわりでもいないはずだよ。せいぜい借金っていったって、住宅ローンとか、マイカーローンを足した『何千万円』という規模だと思う。

 

これはよく考えたら、とても恐ろしいことだよね。億を超える借金なんて、サラリーマンで死ぬほど働いたとしても返せる額じゃないよ。サラリーマンの仕事が終わったあと、深夜コンビニでバイトしたとしても返せる額じゃない・・・

 

とても正気の沙汰とは思えないと思う。だけど、商売人ってそれをやっちゃうんだよ。事業家になる人って、その垣根をヒョイっと越えちゃえる人なんだ。まあ、変わり者ってことだね!笑

でもね、僕はこのようなたくさんの借金をしたことによってハッピーになれたんだよ。今の僕は満員電車も、社内の醜悪な人間関係も、転勤も、サービス残業も、営業ノルマも、休日出勤も、くだらない接待も何もないんだ。

 

おまけに年金が破綻しようが、健康保険制度が破綻しようが、あまり関係ない。ビジネスが稼いでくれるから、そういったことに左右されないんだよ。

不思議だよね! 商売人になることも、借金をすることも、日本の教育制度では『もっともやってはいけないこと』として子供たちに教育していることだよね。

 

その代わり、『いい大学に行って、いい会社に就職して、定年まで真面目に勤め上げて、税金と年金と社会保険料を払い、貯金をし、余ったお金で資産運用をしなさい!』という教育を子供たちにしている。

 

つまり僕は今の学校教育で良しとされていることの真逆のことをやっているということになるんだよ。だけど、その真逆のことをやっている人間の方が自由と豊かさと幸せと、安定を手にしているんだよ・・・

 

このパラドックスをいったいどう解釈したらいいんだろう? 

僕はいつもそのことについて考えるんだ。でも、いまだにその謎は解明されていないんだ・・・笑

 

ホント、日本人って借金=悪だと思ってるよね。

 

僕は事業のための借金だったら大いにするべきだと思うし、1億円借金してる人のことバカにしないけどな。

 

そもそも銀行からいっぱい借金できる時点で相当大したものだよ。

 

僕はたくさんの大家さんや経営者と知り合いだからわかる。

お金持ちほど銀行を上手に利用してたくさん借金をしているよ。

 

むしろ『借金=悪』『借金=危険』と考えてすべて自己資金でやってる人の方がお金持ちじゃない。

 

借金自体が問題じゃないんだ。

儲かってるかどうかが問題なんだよね。