サカモトハルキのブログ

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

不動産投資でいちばん重要なことは、「借金ができるのか?」ということ

不動産投資、アパート経営、賃貸経営、etc・・・まあ、呼び名は何でもいいけど、これらのことをはじめたい人は何をさておいても『物件』を取得しなきゃならないよね。

要するに、『不動産』だ! これを取得しないことには話にも何にもならない。

 

ところが、この物件を取得するのってなかなか大変なんだよ。そう簡単な話じゃないんだ。みんなこれで苦労している・・・

 

僕は不動産投資でいちばん大事なことは、『どんな物件を取得するのか?』ではないと僕は思っているんだ。

もちろん、それも大事だよ。大事だけど、それよりももっと大事なことがあるんだ。

 

それは、『どうやってその物件を取得するのか?』『本当にその物件を取得することができるのか?』ということだよ。

よっぽどのお金持ちや資産家でないかぎり、不動産を現金でポンッ!と買える人はいないよね。ほとんどの人は、物件を銀行からお金を借りて取得するんだ。要するに、『借金』だね!

 

つまり、アパートの大家にとっていちばん重要な『物件』というのは、銀行からお金を借りなければ手に入れることができないということなんだよ。そして言うまでもないことだけど、銀行は誰でも彼でもお金を貸すわけじゃない。

きちんと『審査』というものを行い、その審査をクリアした人じゃなきゃお金を貸さないんだ。

 

不動産投資をこれからやろうと考えている人は、きっと不動産投資がらみのいろんな本を読みあさって、知識もいっぱい頭にインプットしたんじゃないかと思う。だけど、どんなに不動産投資に関する知識を増やしても、銀行からお金を借りられなきゃ話にならないんだ。

まずはこの大原則を忘れてはいけないよ!

 

銀行から「あなたにはお金は貸せません。」と言われてしまったら、その時点でアウトなんだ。株式投資とは違うんだよ。

株や投資信託を購入するのは誰でもできるよね。証券会社に口座を開くのだって、一応手続きはあるけれど、銀行融資の審査のような厳しいものじゃないよね。

 

要するに株式投資の場合は敷居がすごく低いんだよ。誰でも参加できて、簡単に資産を購入することができる。ところが不動産投資の場合はそういうわけにはいかないんだよ。

そういった意味では不動産投資は敷居の高い投資ビジネスだとも言えるよね。

 

不動産というのはご存じのとおり、すごく高額だよね。アパート一棟ともなると、何千万円もするんだ。ちょっと規模の大きな物件になったら、平気で億を超える金額になるよ。

そんなにたくさんのお金、普通の人は持ってないよね? だからどうしても僕たちは銀行さんを頼らざるを得ないんだよ。

 

本当は銀行なんか頼らずに物件を取得できればいいんだけど、できないものをいくら夢見ていたって何にもはじまらないんだ・・・

借金をするのはもちろん怖いよ。元金のほかにも利息を払わなきゃならないしね。

 

もしも支払いが滞ったりなんかしたら、身ぐるみはがされて、下手したら自己破産だよ・・・

普通の人は「そんなリスク負いたくない!」って思うんだよ。だから不動産投資はあらゆる投資法のなかで最も不人気で、最も危険だと言われているんだよ。他の投資法よりも敷居が高いんだ。

 

でもそのリスクを背負わないことには物件を取得することができないんだ。そうしないと、家賃収入も得られない。不動産投資がスタートしないんだよ。

でも、考えようによってはお金持ちって、最初はみんな銀行から借金して事業をはじめたよね。

 

ビル・ゲイツにしろ、スティーブ・ジョブズも、ハワード・シュルツも、レイ・クロックも、孫正義も、柳井正も、松下幸之助も、本田宗一郎も、etc・・・

みんな銀行からお金を借りて事業をスタートした。その事実を知ったとき、僕は借金をすることがそれほど怖くなくなったよ。

 

日本はすっかり『借金=悪』という話になっちゃってるけど、借金をするということは素晴らしいことなんだよ。借金ができるというのは素晴らしいことなんだよ。

リスクもデカいけど、それだけ「当たったらデカくなる」というチャンスも広がるわけだからね。

 

いちばん問題なのは、借金もできないことだよ。要するに(申し訳ないけど)銀行から断られることだよ。

もうその時点で話は前に進んでいかなくなっちゃうんだ。すべてがストップしてしまうんだよ・・・

 

税金と借金

 

この2つは人が生きるうえで最も重要な問題といってもいい。

 

この2つとどう向き合い、それをどう解釈するかによってその人の人生が決まる。

ところがほとんどの人は「安定した職業に就いて、借金をするような事業家には絶対になるな!」と教えられる。

 

これって結構恐ろしいことなんだよね。

 

「安定した職業」というのはたいがい累進課税制度のサラリーマンか公務員のことを指している。

そして最も恐ろしいのは「借金することは悪いことだ」という固定観念を植え付けることだ。

 

なぜなら成功している事業家の多くはたくさん借金をしていて、払っている税金も少ないからだ。

 

『逆』なんだよね。