サカモトハルキの哲学

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

なぜ「30年間家賃を保証します!」というサブリースのことを「おかしいぞ、これ…」と思わなかったんだろう?

【不動産投資】トラブルの多い「サブリース契約」 空室ばかりで契約解除など、問題点や注意点を解説します。 という記事を読んだよ。

 

 

 

 

headlines.yahoo.co.jp

 

 

根本的なことを言うと、この厳しい資本主義のジャングルの中で『保証がある』と思っちゃう人間の心の問題だと思う。

 

それから会ったこともない人や会社に大切なお金を「託して」大儲けできると考える人間の心も

 

投資や資産運用の話じゃないと思う。

心理学の話だと思う。

 

アパート経営も商売のひとつだよね。

だったら、「どこの世界に収入が"保証"されるような商売があるだろう?」って思うのが普通だよね。

 

よく考えたら、「なんかおかしいぞ・・・」と思うのが普通だよね。

だけど、農家をやってるおじいちゃん、おばあちゃんとか、社会のことを何も知らない人とかが簡単に家賃保証をうたう業者の口車に乗っかってしまうんだ。

 

ラーメン屋にしろ、学習塾にしろ、整骨院にしろ、etc・・・みんな保証なんかないなかで頑張って商売をやっているんだよ。

それなのにどうして新築のアパート経営だけが保証されるってさ。

そんなバカな話はないよね。

 

それに「30年間保証します!」って言ったって、ひとつの会社を30年間も継続させるって並大抵のことじゃないよ。

そこには従業員もたくさんいるし、その人たちに給料やボーナスも払わなきゃいけないしね。

 

どんなに栄華を極めた会社だって、やがて秋になり、冬になってゆく・・・

ずっと安定経営をするっていうのはすごくむずかしいことなんだよ。

 

ましてやアパートだって古くなってゆく。

物件が古くなれば、修繕費その他の費用もかさんでゆく。

まわりにはボンボン新築が建ってゆく。

入居率を保つためには家賃を減額しなければならない。

 

これ、みんな賃貸経営を圧迫する要素だよ。

いったいどうやって30年前と同じ賃料を保証できるって???

 

よく考えたら、「おかしいな・・・」ってことわかると思うんだけどなぁ。

 

 

関連記事

www.saka-haru.com

www.saka-haru.com

www.saka-haru.com

www.saka-haru.com

www.saka-haru.com