サカモトハルキの哲学

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

映画『クリード炎の宿敵』を観て思ったこと

 

クリード 炎の宿敵 ブルーレイ&DVDセット (初回仕様/2枚組/特製ポストカード付) [Blu-ray]

クリード 炎の宿敵 ブルーレイ&DVDセット (初回仕様/2枚組/特製ポストカード付) [Blu-ray]

 
クリード 炎の宿敵 4K ULTRA HD&ブルーレイセット (初回仕様/2枚組/特製ポストカード付) [Blu-ray]

クリード 炎の宿敵 4K ULTRA HD&ブルーレイセット (初回仕様/2枚組/特製ポストカード付) [Blu-ray]

 

 

 

 


映画『クリード 炎の宿敵』特別映像

 

 

ラストのスタローンの後ろ姿に思わず号泣!

散々、戦ってきた男の背中。そしてきちんと次の世代へとバトンを渡し終えた男の背中。

 

大興奮の中の静寂。

あそこだけ、しっとりと描かれている。

 

そういえば『ロッキー』も試合のシーン以外はしっとりとした静かな映画だったな

 

 

繰り返し出てくる「何のために戦う?」という言葉が印象的だった。ボクシングというのは人生のメタファーだ。

 

『ロッキー』は"オレはゴロツキじゃない"ということを証明するために戦った。

自分のプライドのために戦った。

 

僕たちは何のために生きている? 

僕たちは何のために日々、頑張っている?

 

 

今、多くの人が苦しんでる。

川崎では悲しい事件もあった。

人生に絶望し、自殺を考えている人も多いと思う。

 

そんな人はぜひロッキー』という映画を観てもらいたい

 

あれはシルベスター・スタローンというひとりの男が絶望の淵で書き上げた作品だ。

きっと何かとっても大切なことを学べると思う

 

 

関連記事

www.saka-haru.com

www.saka-haru.com

www.saka-haru.com

www.saka-haru.com

www.saka-haru.com