サカモトハルキの哲学

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

もしも自分の子供がひきこもりになったら僕はどうするか?について考えてみた。

”ひきこもりは犯罪者予備軍?”ステレオタイプによって関係者に広がる不安 正しい理解と適切な支援を という記事を読んだよ。

 

 

 

abematimes.com

 

 

 

日本人は真面目で勤勉な人が多い。

でもだからこそ「真面目で、勤勉であらねばならない」と考えてしまい、それ以外の生き方は『あってはならない』としてしまう人が多いんじゃないかな。

 

ひきこもりじゃなくて、「息子と一緒に自由に生きてます!」って言えればいいのにな。

 

夏目漱石の小説なんて、親のカネでブラブラ暮らしてる主人公ばっかりだよね。

それを、ひきこもりとかニートとかプータローと取るか、『高等遊民』と取るかの違い。

 

あんまり「それは非常識だ」「何歳になったらこういう生き方をしなければならない」という同調圧力で追い詰めない方がいいと思う。

 

もしも僕の息子が就職もしないで僕のカネで暮らすようになったら、「これは絶好の機会だぞ!」と思って、一緒にいろんなところに旅行に行ったり、映画を観たり、不動産投資でお金を得る方法を教えたりして、たっぷり時間をかけて僕が培ってきたノウハウや人生哲学を『秘技伝授』しようとすると思う!

 

あんまり世間の常識みたいなものに縛られない方がいい。

 

僕はサラリーマンとして24時間戦えますかの世界も、大家さんとして不労所得で自由気ままの世界も両方経験したけど、大家さんとしての不労所得で自由気ままの世界の方がやっぱり幸せだしストレスフリーだよ。

 

もっと自分軸で生きていいと思う

人生って、『いい大学に行って、いい会社に就職して、定年まで真面目に働いて、貯金をする』ってことだけじゃない。

 

子供にも、もっといろんなことを教えてあげられるはずだよ。

 

平均台の上から落ちてしまったとしても、そこは自由に走りまわれる『広々とした大地』が広がってるだけなんだよ!

 

 

関連記事 

www.saka-haru.com

www.saka-haru.com

www.saka-haru.com

www.saka-haru.com

www.saka-haru.com