サカモトハルキのブログ

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

これって分散投資みたいなものじゃん! 僕が火災保険を使える不動産投資が最強だと思った理由

 

 

 

 

不動産投資で火災保険は必須! という記事を読んだよ。

  

ooya-mikata.com

 

僕は不動産投資(不動産賃貸業)からリターンで生きてる人間なんで、よく人から『分散投資しなくていいの?』と聞かれます。

 

とんでもない!

不動産オーナーほど分散投資している人はいないんじゃないかな。

『火災保険』というかたちで。

 

保険だって立派な金融商品のひとつみたいなものだよね。

 

 

建物が火事になったとき僕は保険によって助けられた。

何千万円という損失が補填された。

 

これこそが分散投資ですよね?

分散投資っていざ!というときのダメージを最小限にするためのものだもんね。

 

火災になったり、台風などの風水災で建物がダメージを受ければ、当然工事代がかかる。

それは言うまでもなくキャッシュフローを悪化させるものだよ。

 

ところが、不動産投資にはそのマイナスを補てんしてくれる強い味方がいるんだ。

それが『保険』というものさ!

 

銀行が不動産にはお金を貸す理由のひとつがこれさ。

必ず、『質権』というものを設定するでしょ?

 

「保険は投資じゃない。だから分散投資してるわけじゃない」と言う人もいる。

もちろん、それはそうだ。

僕だって保険がリターンを生み出すような商品じゃないことぐらいわかってる。

 

わかったうえで、あえて『保険は分散投資(みたいなもの)』と言っているんです。

それはマイナスをカバーしてくれるものだからね。

 

なぜ、みんな分散投資をやろうと思うのか?

それは「こっちがマイナスになっても、あっちがある」といった具合に、マイナスをカバーするものを持ちたいからだよね。

 

僕は今、世間一般で言われてる分散投資は紙の資産のなかだけで分散されているだけなので、本当の意味でのリスク・ヘッジにはなっていないと思ってるけど、それでも考え方は非常によくわかるよ。

 

僕の場合は不動産という現物資産に投資し、保険という金融資産を持つことによってリスク・ヘッジをはかろうとしている。

火災や台風、その他の突発的な事故によるキャッシュフローのマイナスをカバーしようとしているんだ。

 

ところで今、世間で言われている分散投資って、本当にいざ!という時に補填してくれるんだろうか・・・

どんなに30、300、3000・・・・といった具合に紙の資産のなかだけで分散したとしても、いざ!というときのヘッジにはなってないような気がするんだけど。

 

今は世界的に株価が高い時期だから、ピンときてない人も多いと思う。

「自分はしっかり分散投資してるから大丈夫だ」と思ってる人もたくさんいると思う。

 

ところが、世界経済がダーク・サイドに落ちていき、すべての業種の株が同時的に(連鎖的に)影響を受けて暴落していったときにはじめて気づくと思う。

 

『リスクを"分散"することと、リスクを"ヘッジ"することは違うんだ・・・』ということに気づくと思う。

 

 

www.aiwachisho.co.jp

 

www.rakumachi.jp