サカモトハルキの哲学

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

「出口戦略」のことばかり言いまくる昨今の不動産投資のトレンドに対する違和感

 

 

 

 

 

不動産投資の世界では、すぐに「出口戦略」「出口戦略」って言葉が飛び交って、まるで出口戦略が不動産投資を成功させるうえで最も重要なことであるかのような空気になってる。

僕はそれにちょっと違和感を感じてるんだよね。

 

僕のスタンスは『キャッシュをもたらしてくれるいい物件(良い資産)なら長期保有すればいいんじゃね?』というもの。

毎月、僕のポケットにきっちりお金を運んできてくれるうちは売らなくてもいいんじゃね?と思ってる。

 

その代わり、僕のポケットにお金を運んでくれないような物件(要するに保有していても儲からないような物件)は、さっさと見切りをつける!

 

あくまでも重要なのは安定的に賃貸経営ができるかどうかということ。

その物件を保有しているあいだのキャッシュフローがどうなっているかということ。

 

「売却益がどれくらいになるか?」とかというのは二の次三の次でいいと僕は思っています。

 

不動産投資コンサルタントと名乗る人のなかには、物件を保有しているあいだのキャッシュフローがマイナスでもキャピタルゲインでそのマイナス分をカバーできるから大丈夫!なんてトンデモナイことを言い出す人もいます。

 

気をつけなければいけないよ!

 

あくまでもキャッシュフローが大切。

最初から出口戦略のことばかり考えて、その出口戦略が予想していたとおりのものにならなかった場合は計画が全部オジャンになってしまうような不動産投資だけはしてはいけない。

 

家の近所に子どもの頃からずーっと営業しつづけてるラーメン屋さん、あるでしょ?

イメージとしてはあんな感じ。

 

そのラーメン屋さん、「出口戦略」なんて考えないでしょ?

自分のつくるラーメンからキャッシュフローを生み出し、それで家族をやしなってる。

 

アパート経営もそれと一緒だよ!

 

やってもやっても赤字続きだったら、そのラーメン屋さんもすぐに撤退すると思うしね。

 

 

関連記事

www.saka-haru.com

www.saka-haru.com

www.saka-haru.com

www.saka-haru.com

www.saka-haru.com

www.saka-haru.com

www.saka-haru.com