サカモトハルキの哲学

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

チマいことばっか言ってないで、もっとデッカい人間になろう!という話

細かい性格の人に共通する「8つの特徴」 という記事を読んだよ。

 

 

 

tabi-labo.com

 

 

みんないろんなことを気にして、気に病んで、悩んで、なかには神経症っぽくなってる人もいるけどさ・・・・よく考えたらそれらのことってみんな小さいことじゃね?

 

小さいことにこだわり過ぎると人間の器まで小さくなる。

もっとデッカく生きよう!

 

チマチマした人間にチャンスは巡ってこない。

もし巡ってきたとしてもスケールの小さい人は大きな勝負に出れないよ。

 

『小さくまとまるな!』ってこと。

『もっと物事をでっかく考えろ!』ってこと。

 

これはビジネスにおいても、投資においても同じことが言えるよ。

不動産投資にしても、株式投資にしても、でっかく儲けたいんだったら、おもいっきりデカイ金額で勝負しないといけないんだ。

 

300万円のアパートより、3,000万円のアパートの方がリターンは大きいだろう。

3,000万円のアパートよりも、3億円のアパートの方がリターンは大きいだろう。

 

なんか今、話題になってる資産運用の話ってさ、「こっちからこっちにお金を移せば0.02%だか、0.04%だかがおトクになる・・・」とかそういう話ばかりしてる。

 

もっとでっかく生きようぜ!

もっとスケールの大きな男になろうぜ!

 

そんな「0.02%が、0.04%になった」とか、そんなチマい話ばかりしてないでさ・・・

 

僕は不動産投資でMAX3億円を超える借金をしたよ。

そのときはさすがにビビったし、奥さんも心配したし、義理のお父さんからは露骨に嫌な顔をされたよ・・・

 

でも、今にして思えば、その3億円の借金のおかげで僕は大きく飛躍することができた。

もしも僕がチマい男だったら、今のこの自由と幸せは手に入っていなかった。

 

株式投資だってそうじゃない?

きっと1,000万円の元手よりも、1億円の元手のほうが配当金も株主優待もいっぱいもらえるでしょ?

 

日本人は世界でいちばん起業する人の割合が少ないことで有名な国だよね。

今まではそれで良かったのさ。

大人しく、真面目に働いてさえいれば、年功序列・終身雇用でそこそこ幸福に暮らすことができた。

 

でも、これからはそういう時代じゃない!

年金だって、健康保険だって、どうなるかわからない。

 

節約、節約、節約・・・・って言ったって限界があるんじゃない?

 

あんまりチマい人間にならないでさ、もっとスケールのでっかい人間になろうよ。

しかも、そのほうが結果的には『安定』するんだよ!!

 

 

投資によるリターンで「ある程度のもの」を求めるのなら、それ相当のリスクを背負う覚悟が必要だ。

リスクとは「元手」のことだ。

 

その元手をどうやって用意するのか? 

その方法が不動産投資とその他の投資法とでは全く違う。

 

でもその目的はどちらも『リターンを得る』ということだ。

 

ある程度の規模のリターンが欲しいと思った時点で、それなりの元手を突っ込む覚悟があるかという話になる。

あとはそれを自己資金で用意するか、銀行借入で用意するのかの違いだけ。

 

いずれにしてもボリュームは必要なんだ。

そして僕はそのボリュームを自己資金じゃなくて、借金で用意する方を選んだ。

 

最初の頃は理解できなかったが、投資で大きなリターンを得たかったら『でっかく考える!』がいちばん効率的で安定している。

元手が100万の人と、1,000万円の人とでは得られるリターンも違う。

 

僕はリスクのことばかり考えていたから、いつまで経っても大きなリターンが得られなかったんだよね。

 

「どんな水を飲むか?」ももちろん大事だ。

だけど「その水を入れる容器の大きさは?」も大事だ。

 

僕はそのことに気づくのに何年も費やした。

 

なぜ金持ちはずっとお金持ちなのか? 

彼らは大きい取引ができるから得られるものも大きくなるんだよね。