サカモトハルキのブログ

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

失敗をしないようにしてばかりいる人は何も学べない。

失敗を恐れる若者たち 仕事上の不安は絶ち切れるのか という記事を読んだよ。

 

 

www.excite.co.jp

 

 

人生は学びつづけた人だけが勝利をおさめると思ってる。
もちろん、ここで僕が言ってる学びとは『学力』のことじゃないよ。

いちばんいいのは失敗すること!
失敗すればいろんなことを学べるよ。

失敗するためには冒険しなければならない。
三振することによってはじめて気づくこともあるよね。

 

 

安全第一に正しいことだけ選び、間違わないようにしていれば手痛い失敗は避けられるかもしれない。

でも、それでは経験値も上がらず、いざ問題に直面した時にもうまくそれに対応できない。

 

『問題解決能力がない人』というのはどんなに真面目な人であっても、相当危ない人だと僕は思う。

思いません?

 

真面目に

まっとうに

何ひとつ悪いこともせず

何のリスクもおかさず

死ぬまで

ずっと安全地帯にいるってそんな人生、本当にいいかな?

 

それだったら

多少レールを踏み外しても

多少はみ出しても

思いっきり好きなことやって

自由に生きた方がいいと思わない?

 

生きるって何だろうね。

 

あなたがそれをやってはいけない理由なんてないんだ。

好き勝手に生きればいいんだ。

 

そう思えば可能性が広がる。

前例なんてクソ喰らえだ!

 

変わり者で大いに結構。

もっとレールから外れて、もっとハメを外してみよう。

 

あなたはずっと苦しんできた。ずっと我慢してきた。

もうそろそろいいんじゃない?

 

自分に足枷をつけているのは実は自分自身だったりする。

本当はあなたは何やったっていいのに「そんなことしちゃいけない」って、勝手に思い込んでいるだけなのかもしれない。

 

もっと自由に生きてもいいんだ。

もっとわがままに生きてもいい。

もっと楽しんで生きてもいい。

 

たった一回の人生なんだから。

 

学校でも社会でも「間違えることはダメなことだ」と言われる。

でも僕は『間違いこそが最高の教育だ』と思っている。

そして『その間違いの中にこそ答えがある』と思っている。

 

だから一度も間違っていない人、間違いを犯すことのできない人は成功しない。

何も学ぶことができていないからだ。

 

なるべく間違わないように失敗を避けて生きてもそこそこ出世するかもしれない。

でもそれ以上の飛躍はない。

65歳・70歳になっても、会社のために働き続けるだけだ。

 

たくさん失敗したり間違ったりして学んだ人は、だんだん洗練されていき、おっかなびっくり生きてるだけの人を追い越すこともある。