サカモトハルキの哲学

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

法人で不動産投資をやると、売却益が出たときも個人より節税対策がある!

不動産投資における出口戦略と税務申告 という記事を読んだよ。

 

 

 

zuuonline.com

 

 

 

不動産を売却したとき、個人の場合、不動産の所有期間によって税率が変わるよ。

 

・短期譲渡所得(所有期間5年以下) 所得税率30%

・長期譲渡所得(所有期間5年以上) 所得税率15

 

ここに「住民税」もかかってくる。

 

法人の場合には短期・長期の区別がないんだ!

 

 

法人で不動産投資をやるメリットは保有期間中だけじゃない。

売却するときもメリットがあるよ。

 

法人の場合、損益計算ができるので、もしも譲渡所得でマイナスが出た場合、ほかの事業所得の利益と相殺することができる。

 

さらに、向こう9年間にわたってその損失を繰り延べすることができるんだ!

 

 

 

不動産を売却して大きな利益が出た場合も法人ならいろんな手立てがある。

 

・役員退職金を支給

・減価償却のある新規物件を取得

・すぐ償却できる設備を導入

・決算期を変更

・買換特例を利用

 

22年以上経過した木造のアパートは4年で減価償却できるよ!

大きな売却益が出たら古い木造を購入しよう!

 

ちなみに、築22年経過した古い木造アパートの減価償却期間は次のようになるよ!

 

22年(法定耐用年数)− 22年(経過年数)+ 22年(経過年数)× 20%=4.4

 

1年未満は切り捨てになるから、4年で減価償却ができるんだ

 

 

関連記事 

www.saka-haru.com

www.saka-haru.com

www.saka-haru.com

www.saka-haru.com

www.saka-haru.com