サカモトハルキの哲学

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

僕は家族と一緒に過ごす時間が欲しくて38歳のときに脱サラ起業した!

ワーカホリックになりやすい人に見られる特徴 という記事を読んだよ。

 

 

 

 

www.lifehacker.jp

 

 

僕が2010年に脱サラしたのは『家族といっぱい楽しい時間を過ごしたい!』と思ったから。

 

子供はあっという間に大きくなる。

だから目の前の子供と過ごす機会を逃したくなかった。

 

「そのうちに」「機会があったら」なんて言ってるあいだに大切な時間はどんどん過ぎ去っていってしまうと思ったから。

 

僕は38歳のときに脱サラ・起業した。

そのとき僕は「これでいっぱい子どもたちと過ごせるぞ!」と思ったよ。

 

実際、僕は子どもが学校に行ってるあいだ以外はたっぷりと子どもたちと過ごしたよ。

キャンプにも行ったし、釣りにも行ったし、旅行にもいっぱい行ったよ。

 

それはとても貴重な時間だった。

うえの長男は今は中学2年生になっちゃった。

もう親となんか一緒に行動したがらないよ。

部活で忙しいし、「ほっといてくれ」が口癖だし。笑

 

つまり、何を言いたいのかというと、子どもと楽しく過ごせる時間というのは本当にごくごくわずかしかないってことなんだよ。

淋しい話なんだけどさ・・・

 

僕は最初からそれがわかっていたんだ。

だから、家族と一緒に過ごす時間を確保しようと思ったんだ。

 

会社とか仕事とかにその大切な時間を奪われるのが我慢ならなかった。

やろうと思えば、僕だってモーレツ社員みたいになって、多少は出世することはできたかもしれないよ。

 

でも僕にはそういう生き方がいいとは思えなかったんだ。

それよりも家族と一緒に過ごせる生き方の方がいいと思えたんだ。

 

だから僕は不動産投資なんてものをはじめた。

 

いのち短し恋せよ少女。

人生は僕らが思っているよりもはるかに短いものなんだよ。

子どもがあっという間に大きくなってしまうように、僕たちもあっという間に歳をとってしまうんだ・・・

 

もちろん自分で商売をやるというのは並大抵のことじゃないよ。

だけど、挑戦するだけの価値はあると思うな。

 

うまくいけば、家族と一緒に過ごす「楽しい時間」が得られるんだから!

 

 

資本主義は次から次へと甘い誘い文句でフトコロからお金を巻き上げようとするよね。

その罠にまんまとハマり、消費社会に毒され、「隣の芝生」を眺めて世間と足並みを揃えなければならないと思いはじめたら、危険信号!

 

その足並みのために朝から晩まで会社のために人生を捧げることになってしまうよ・・・

 

何かが起きるのを待っていても実は何も起こらない。

頭を使い、勇気を持って行動しなければ、永遠に『いつかは実現するだろう』という状態から抜け出せない。

 

貯金が目標額に到達する日

優雅な年金暮らし

etc…

 

その前に年金が破綻してしまうかも。

人生を楽しむ体力も気力も消え失せてしまうかも。