サカモトハルキの哲学

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

不動産投資が危険なのではなく、不動産投資をやる「人」が危険!という話

不動産投資で例外なしに「買ってはいけない」物件とは? という記事を読んだよ。

 

 

 

gentosha-go.com

 

 

不動産投資って、はっきり言って誤解されてるよね。

特に次の3つが・・・

 

① 不動産投資は多額の自己資金が必要

だから金持ちしかできない

 

 

② 借金はなるべく早く返済すべし

ゆえにどんどん繰上返済すべし

 

 

③ 返済期間はなるべく短く

長ければ長いほど金利負担が増えて損をする 

 

 

「不動産投資は危険だ」と言われるけれど、それは不動産投資自体が危険なんじゃないんだ。

その人が『いい物件』と『悪い物件』、『いい投資』と『悪い投資』を見分けることができないことが危険なんだよ!

 

実際、ほとんどの案件は危険な案件ばかりだからね。

そこからダイヤモンドを見つけるのは至難のワザよ。

 

ほとんどの人の目には『どれも同じようなもの』に見えることだろう。

でも実際は違う。

それを見分けることができないだけなんだ。

 

それはすごく難しい。

高度な技術を要する。

不動産会社の社長でも間違うくらいだ。

 

洞察力と識別眼を要する。 

でもダイヤモンドがまったくないというわけでもないよ。

 

不動産投資は税金の面で明らかに有利だよ。

さらに銀行は他の用途には貸したがらないのに『不動産』にだったら積極的にお金を貸したがる。

政府も「やれやれ!」と後押しし、銀行も「ぜひやってくれ!」と応援してくれているんだ。

 

それなのに『不動産投資は最も危険な投資だ』と多くの人に思われている。

場合によっては不動産投資における税金がゼロになる年もある。

もちろん合法的に。

 

僕はポートフォリオ所得も、勤労所得も得た経験があるが、『不動産所得』だけなぜこれほど特別扱いされるのか未だもって謎だよ。

謎だけど、魅力的で圧倒的に有利であることだけは間違いない。

 

本当に不思議な投資だよね・・・