サカモトハルキの哲学

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

子供たちには魚を与えるのではなく、魚の釣り方を教えよ!

「人生100年時代の蓄え、年金だけじゃ月5万円不足するから『自助』して」金融庁がブン投げ という記事を読んだよ。

 

 

 

news.livedoor.com

 

「魚を与えるのではなく、魚の釣り方を教えよ」って言葉は教育の議論でよく耳にする言葉だけど、僕に言わせれば親も子供も文部科学省もこれをやってこなかったよね。

 

だから、いざ!というときに慌てふためくことになる

僕は最初から年金制度なんか期待していなかった。

ついでに言うと、会社もアテにしていなかった。

「終身雇用」も最初から信じていなかった。

 

だから自分で魚を釣る方法を身につけようと思った。

僕の場合、それは『不動産賃貸業』という商売だった。

 

これが僕にとってのノアの箱舟だった!

大人たちは子供たちに「お金」について何も教えていない。

 

「いい大学に行って、いい会社に就職して、定年まで真面目に勤めろ!」としか教えていない。

要するに、魚の釣り方を教えていない。

 

子供たちは何も教えられないまま無防備な状態のまま社会へ放り込まれる。

ものすごく罪なことだと思う

「買い物のときに暗算ができる」とか、「正確に家計簿がつけられる」とか、「FPMBAの資格を持っている」とか

 

そういうことが『お金の教育』だという話にすっかりなっちゃってる。

 

会社や政府の力を借りなくても自分の力でサバイブできるようになること。

それが本当の意味でのお金の教育だよね。

 

 

関連記事

www.saka-haru.com

www.saka-haru.com