サカモトハルキのブログ

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

映画『アヒルと鴨のコインロッカー』を観て思ったこと

 

アヒルと鴨のコインロッカー (創元推理文庫)

アヒルと鴨のコインロッカー (創元推理文庫)

 
アヒルと鴨のコインロッカー [DVD]

アヒルと鴨のコインロッカー [DVD]

 

 

 

 

アヒルと鴨ってまったく違う鳥のように見えるけど元は一緒。

僕たちはみんな一緒。

 

国籍なんか関係ない。

We Are All One! 

みんなで助け合える世の中になればいい。

 

いろいろ謎に満ちた映画だけど、僕はそんなふうに解釈した。

もっと優しく、広い心で生きたいよね。

 

ボブ・ディランはヒッピーやカウンターカルチャーの象徴の人。

 

あの頃、多くの若者たちは理想を掲げ、連帯していた。

大人たちが「これが正しいことなんだ!」と押し付けてくるものに対して、彼らは"答えは風に吹かれている"と返答した。

 

そういうのが失われてしまった現代社会はなんか悲しいよね

 

松田龍平は本当にこういう「ヤバそう」なキャラクターを演じるのがうまいね。

『ファイト・クラブ』におけるぶらっと・ピッド的なこの個性的なキャラは、彼が演じなければおそらく成立していなかったはずだ。