サカモトハルキの哲学

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

政府による事実上の年金崩壊宣言のニュースを見て僕が思ったこと

「人生100年時代の蓄え、年金だけじゃ月5万円不足するから『自助』して」金融庁がブン投げ という記事を読んだよ。

 

 

news.livedoor.com

 

魚の釣り方を教わることもなく、黙っていても釣った魚が食卓に並ぶものだと思ってた国民に、いきなり「これからは自分たちで魚を釣ってこいよ」と言われても、みんな困るよね。

 

僕は最初から政府なんかアテにしていない。

年金制度なんか期待していなかったよ。

 

だから自分で魚を釣る方法を身につけようと思ったんだ。

僕の場合はそれは『不動産投資』という方法だった!

 

これは教育の責任だと思う。

親も学校の先生も、子供たちにちゃんとお金のことを教えていない。

 

「いい大学に行って、いい会社に就職して、定年まで真面目に勤めていれば幸せになれる!」という真っ赤な嘘を教えている。

要するに、魚の釣り方を教えていない。

 

子供たちは何も教えられない無防備な状態のまま社会に放り込まれている・・・

 

なぜ大人たちは子供たちにお金のことを教えてあげられないのか。

自分たちがお金のことについて何も知らないからだよ。

自分たちが魚の釣り方を知らないからだよ。

 

だって、親も学校の先生も「いい大学に行って、いい会社に就職して、定年まで真面目に勤めれば幸せになれる」という教育を受けて育ったんだから。

そりゃ、自分の子供に教えられるはずないよね・・・

 

それで、

「買い物するときに暗算ができる」とか

「正確に家計簿がつけられる」とか

「ファイナンシャル・プランナーやMBAの資格を持っている」とか

「老後に備えて貯金をしろ」とか

「自分で商売をやろうなんてバカなことは考えるな」とか

「借金は悪だ!」とか

「残りのお金で投資信託を買え。そして30年間、ドルコスト平均法で積み立てろ」とか

etc・・・

 

 

 

そういうことが『お金の教育』だという話にすっかりなっちゃってる。

 

会社や政府の力を借りなくても自分の力でサバイブできるようになること。

それが本当の意味でのお金の教育だよね。

 

 

関連記事 

www.saka-haru.com

www.saka-haru.com

www.saka-haru.com

www.saka-haru.com

www.saka-haru.com

www.saka-haru.com