サカモトハルキのブログ

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

不動産投資で法人化するなら、「不動産所有法人」がいいと思う理由

セミリタイアは不動産投資では可能?リスクと失敗例 | 不動産投資メディアのINVEST ONLINE(インベストオンライン)

という記事を読んだよ。

 

 

不動産賃貸経営を法人でやろうとする場合、次の3つの方法があるよ!

 

 

① 自分個人の物件の管理業務だけやる「不動産管理法人」

② 自分個人から一括で借り上げして、それを又貸しする「サブリース法人」

③ 会社名義で物件を所有する「不動産所有法人」

 

 

 

賃貸経営を法人でやる場合、「不動産所有法人」がいちばん節税効果も高い。

だけど、そこには『融資』という厳しいハードルがある。

 

立ち上げたばかりの法人は、信用や実績がない。

そこに銀行がすんなり融資してくれるかどうか

 

みんな通る道です。

この関門を突破しないかぎり栄光はありません。

 

信用と実績のない法人にも融資してくれる金融機関がまったくないわけではあありません。

 

・物件の内容

・個人の属性

・連帯保証人

・共同担保

・その他

 

いろんな条件が揃えば、融資してくれるところもあると思うよ。

大手の銀行がダメだったら、信金とか公庫とか、いろいろ方法はあると思う!

 

 

個人名義で所有している不動産を法人に売却するという方法もある。

 

不動産取得税や登記費用などがかかってきちゃうんだけど、「それをやったほうがトク」と判断したなら、それもひとつの手だよ。

 

銀行がOKすればの話だけどね。

収益性も資産価値も両方Goodな物件だったら、信金とかならOKするかも・・・

 

「借金は怖い」と言ってる人は身ぐるみはがされるイメージがあるんじゃない?

でもね、法人である程度実績つくっていくと、銀行から『代表者の連帯保証なしでOKです』と言われることもある。

 

それは、いざということが起こって会社が倒産したとしても、代表者個人の資産は守られるってことなんだよ。

 

連帯保証人にさえなっていなければ、個人が法人の債務保証をする必要がない。学校ではもっと起業家育成教育をすべきだと僕は思うな。