サカモトハルキのブログ

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

資産運用をやってる人は、『ウルフ・オブ・ウォールストリート』でマシュー・マコノヒーが言ってることに真剣に耳を傾けよう!

『ウルフ・オブ・ウォールストリート』でマシュー・マコノヒーがディカプリオに言ってること。

これ、ものすごく重要なことを言ってるよ。

 

 

 

投資や資産運用をやってる人は、真剣に耳を傾けたほうがいいと思う。

 

半分冗談みたいに描かれているけど、核心に迫るとても大切なことを言っていると思う。

 

 

このゲームは客のポケットにある金を自分のポケットに入れる。

一番忘れちゃいけないこと。株は読めない。

君が投資家のオーレン・バフェットだろうが、ジミー・バフェットだろうが・・・

株が上がるのか下がるのか回るのか、誰にも分からない。私らにも分かるわけない。

株なんかバッタもんだ。意味わかるか?

あぁ!!まがいもんバッタもんパチもん ぜーんぶ!妖精の粉みたいに存在しないし、どこにも着地しなぁい。

元素表にも載らない。全て幻だよ。だろ? 

よく聞け。株屋は何も作らない。何も生み出すことはない。

君のお客が8ドルで買った株が、16ドルまで上がったら客は大喜びで金に換えてそれを手に家に帰りたがる。

帰らせちゃダメだ。それじゃ現実になる・・・!!

どうする?次の幻を探すんだ。素敵な幻。

今回儲けた分プラスアルファを次の株という幻に投資させる!

それを延々とくりかえす!中毒状態だ。

何度も何度も別の株を買わせ続ける・・・!!

そうしてれば!客は自分をリッチだと思う。 

でも!紙の上だけ。 

だが我々ブローカーには、バッチリ現金が入る。手数料としてなぁ?

ザマァみやがれ!!!

回転を・・・止めるな。

お客を観覧車に乗せ続ける。遊園地は24時間365日無休。何十年何百年観覧車を回すんだ!

いいなぁ?

 

 

 

『含み益は妖精の粉みたいなものだ。実際には存在しない。紙の上だけに存在するものだ』

 

『だから絶対に売却させるな! 客が実際に現金を手にした瞬間、それは“現実”になっちまう』

 

『再投資だとか何だとかテキトーなことを言って、客をその気にさせるんだ』

 

『客を観覧車に乗せ続けるんだ! 観覧車から客を下ろしたら負けだぞ!』

 

ココ、ものすごく重要。

 

実際に観覧車にずっと乗り続けてる人、たくさんいるよね。

そしてなぜかその人たちは「自分たちはうまくやっているぞ!」「自分たちは賢いんだ!」と思い込んでいる。

 

実際には証券会社や投信会社を儲けさせてるだけだというのに・・・・

 

 

実際、現金を手にすることなく、ずっと観覧車に乗り続け、無防備にずっとテーブルの上に現金を置きっぱなしにしてる人っていっぱいいるよね。

 

マネー雑誌でもしょっちゅう特集されてるし、ベストセラー本もたくさん出版されて、もうお祭り騒ぎだ!!

 

www.quick.co.jp

 

ずっとずっと未来の値上がり益を狙うことがさも賢いことであるかのようにふれまわっている人もたくさんいるよね。

保有してる金融資産が上がっても下がっても、どっちにしても手数料を払いながらね・・・

 

 

でもね、物事にはサイクルというものがあるんだ。

春、夏、秋、冬・・・・といった具合に常に変化するものなんだよ。

 

30年間、一度も降りることなくずっと観覧車に乗り続けた先に広がってる光景って、どんな景色なんだろう???