サカモトハルキのブログ

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

僕はお金のために不動産投資をやろうと思ったわけじゃない!

僕は金持ちになりたかったわけなかったんだよね。僕は自由になりたかったんだ。自由な暮らしを手に入れるためには、会社に頼らなくても食っていける状態になる必要があった。

 

だから、「自分で稼ごう!」と思っただけなんだ。決して『お金』が先にあったわけじゃなかったんだよ。

 

僕が不動産投資というものをやりはじめたのだって、お金よりも自由な時間を手に入れることが目的だったんだよ。実際、僕は家族を養っていけるくらい稼ぎがあればもう十分だと思ってる。

 

だから物件の数も際限なく増やそうとは思ってないんだ。自由な暮らしが実現できるくらいの物件の数を保有できたら、それ以上無理して増やす必要もないんだ。

なぜなら僕はお金のために不動産投資をやりはじめたわけじゃないからね。僕は自由な時間を得るために不動産投資をやりはじめたんだ。

 

もしもお金を稼ぐのが真の目的だったら、僕は「もっと、もっと」「まだ足りない、まだ足りない」・・・・といった具合に際限なく物件を購入しようと思っていたと思うよ。

そして、ハッと気づいたら自分の身の丈以上の借金を抱えていて、にっちもさっちもいかない状態になっていたと思う。

 

そう考えてみると、僕が不動産投資をやりはじめた動機が「お金」ではなく、「自由」で良かったと思ってる。

もちろんお金は大切だよ。自由な時間を手に入れるためにはある程度のお金が必要なんだよ。だけど、必要以上のお金を求めすぎると、そこには大きな落とし穴がひそんでいるんだよ。

 

僕は自分の『経済感覚』みたいなものに感謝しなくてはならないと思ってるよ。僕は自分の身の丈に合った経済感覚を身につけていたから救われたんだよね。

 

これがもしも「住まいはタワマンじゃなきゃ満足できない」「車はフェラーリじゃなきゃハッピーじゃない」という経済感覚の持ち主だったら、今のこの自由と幸せは手に入れることはできなかったと思う。

いや、それどころか、早々に事業に行き詰まり、破産していたと思う・・・

 

世の中にはすごく高い年収をもらっているのもかかわらず、それでも「まだ足りない」「まだ少ない」と不満を抱きながら生きてる人もたくさんいるんだよ。

いわゆる、『餓鬼道』ってやつだね・・・

 

これはこれで大変な人生だと思う。これも経済感覚だよね。自分に合わない経済感覚を身につけちゃった人って、やっぱり人生がうまくいかないんだよね。