サカモトハルキのブログ

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

月に数千円のインカムゲインでも、一銭も手にしていないキャピタルゲイン狙いの投資よりマシ

キャピタルゲインとインカムゲイン、どちらを狙うかで投資方法が変わる という記事を読んだよ。

 

 

www.newsweekjapan.jp

 

JTの株100株買って月に1,300円の配当金をもらい、イオンの株100株買って月に1,500円のキャッシュバック(年間約60万円の食費・日用品の買い物)をもらう。

 

合わせて2,800円!

 

このご時世に月に2,800円のキャッシュフローを受け取ってる時点で、それはもう相当成功じゃね?

 

月に2,800円だよ。

 

株式投資に関してときどき配当金や株主優待を楽しんでる人をバカにした論調を目にする。

僕はそれがすごく気になってるんだ。

 

なかには、「月にたった数千円程度、入ってきたってまったく意味ないじゃん!」と言って笑う人もいる・・・

 

配当金や株主優待といったものは、その企業の利益のなかから支払われる。

だから、配当金や株主優待を出すくらいだったら、企業が成長することに金を使え!と言ってる人もたくさんいる。

 

そういう人は「Amazonは配当を出していない。だから、研究開発費にお金をまわしているから、今後も成長してゆくんだ!」ということをよく口にするよね。

 

要するに、インカムゲインよりもキャピタルゲインの方が大事だというわけ。

 

でも、僕はいつも疑問に思うんだよね。

JTやイオンから月に2,800円のインカムゲインをもらうことのほうがスゴイことなんじゃないか?って、、、

 

「スゴく儲かっている」と言うキャピタルゲイン派の人に訊いてみたことがある。

そんなに儲かったのならば、さぞかしたくさん税金も払って、手残りもスゴかったんだろうなと思って。

 

そしたら、何とその人は実際には一銭も手にしていないことが判明したんだ。

その人は『含み益』のことを、「儲かった」「儲かっている」と言ってるだけのことだったんだよ。

 

2,800円どころの騒ぎじゃない。

1円も実際には手にしていない状態だったんだよ!

 

紙の上だけ。

データの中だけ。

数字だけ。

 

それは僕に言わせれば、実際には存在していないお金なんだよ。

妖精の粉みたいなもの。

 

ひとたび、株式市場が暴落すれば、一瞬にして消えてなくなってしまうようなもの・・・

 

だったら、月に2,800円を実際に手にする方が良くないッスか?