サカモトハルキの哲学

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

『お金のパワー』を上手に利用すれば、お金の問題を解決することができる

僕は今、経済的自由を手に入れて、とても自由でハッピーな毎日をおくっているよ。

具体的に言うと、不動産投資をやって、そこそこそれが成功したんだ。2010年の暮れには法人成りをして、会社のほうは10期目に突入したよ。

 

僕がこんなふうに自由気ままな暮らしができているのは、やっぱりお金のおかげだよ。これがもしも山にこもって仙人みたいな暮らしをしていたら、自由は手に入るかもしれないけれど、幸せは手に入らなかったと思うよ。

 

僕は幸福というのは、経済的にも精神的にも満たされた状態のことをいうと思ってるんだ。どちらかいっぽうが欠けても、やっぱりハッピーじゃない・・・

お金のことを悪く言う人もいるけどさ、僕はお金のことを悪く言うつもりはないんだ。僕は政治的にはかなりリベラルだと思う。だから「資本主義がすべて正しい」なんて思っていないよ。

 

だけど、お金のことを否定して生きるのもちょっと極端だと思ってる。

お金にはパワーがあるんだ。そのパワーを使えば、ある人は幸せになり、ある人は不幸になる・・・僕の場合、どーにかこーにかそのお金のパワーをプラスの方向に働かせることができたんじゃないかと思ってる。

 

僕にとってお金というのは『命の恩人』のような存在なんだよ。僕は別にお金持ちの家に生まれたわけじゃないし、社会に出てからもスーパー・エリート・サラリーマンとして年収をガンガン稼いでいたわけじゃない。

 

これといった資産も持っていなかったし、貯金だってほとんどなかった。そんな何もない僕が自分の『アタマ』だけでのし上がってゆくためには、やっぱり「お金のパワー」を利用するしかなかった。

 

不動産、インカムゲイン、キャピタルゲイン、利回り、借金=OPM(他人のお金)、レバレッジ、法人、経費、税制上の優遇措置、etc・・・

これ、みんなお金のパワーだよ! 僕は何もすごい人間でもなんでもないんだ。というか、僕個人がなん億円もの資産を構築できるわけないじゃないか!!

 

銀行だって僕になんかお金を貸したおぼえはないと思うよ。僕個人がなん億円もの借金なんて、とてもじゃないけど返済できないよ。僕はそんな器じゃない。

 

じゃあ、銀行は誰にお金を貸したのか? 誰が僕の借金を払っているのか? 『ビジネス』だよ! 銀行は僕のビジネスにお金を貸したんだ。そしてそのビジネスが僕の代わりに借金を返済してくれているんだ。

 

これが『お金のパワー』ってやつだよ。

家や学校ではこのお金のパワーを子供たちに教えないんだ。買い物をするときに暗算ができたり、きちんと家計簿がつけれることがお金の教育だと思ってる。

 

あとはお決まりの・・・・「いい大学に行って、いい会社に行って、定年まで真面目に働き、出世して、貯金をしろ!」という悪魔の教えを子供たちの頭に叩き込んでいる。

それがお金の教育だと本気で、心の底から思っているんだ。

 

なぜこんなに多くの人がお金の問題を抱えているのか? 僕は子供の頃にまわりの大人たちによって植えつけられたこの教えに原因があると思っている。

これは「お金のパワー」を使ってない。お金というのはもっとすごいパワーを持っているんだ。

 

僕は勉強も落ちこぼれで、大して才能にも恵まれていない普通の人間だけど、そんな僕をここまで押し上げてくれたのは『お金のパワー』のおかげなんだよね。