サカモトハルキの哲学

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

映画『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』を観て思ったこと

 

 

キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン [Blu-ray]

キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン [Blu-ray]

 
キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン[AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]
 

 

 

 

これが実話だというから驚き! 

ちょっと『クヒオ大佐』を思い出した(あれも実話。あれもパイロットに成りすます男)。

 

そしてどちらにも共通しているのは、「悲しく孤独な少年」。

詐欺はもちろん悪いことなんだけど、なんか「かわいそう」って思っちゃった。

 

 

「嘘をつく人」って、どこか淋しい人なんだろうね。

嘘をつかざるを得ないところまで追い詰められちゃったというかさ

 

本当は本人も嘘なんかつきたくないんだよね。

だけど、嘘をつかなきゃ生きていけない。

やっぱりどこかかわいそうだな

 

父親に対する健気な愛が泣ける。

 

 

関連記事 

www.saka-haru.com

www.saka-haru.com

www.saka-haru.com

www.saka-haru.com

www.saka-haru.com