サカモトハルキのブログ

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

「持ち家がいいか、賃貸がいいか」という永遠の神学論争について僕が思うこと。

【持ち家派ママVS賃貸派ママ】持ち家が資産になるのは本当か という記事を読んだよ。

 

 

woman.infoseek.co.jp

 

 

持ち家か、賃貸かはすごくむずかしい議論。

その家を建てる場所や取得価格にもよるので一概には

 

ただ郊外型のベッドタウンのように将来、資産価値の下落がいちじるしいような場所にすごく高い値段で購入した場合は将来、大変だと思う。

 

こればっかりは個別に見てないとわからない

 

建物は1年経つごとに減価償却されていって、やがて価値がゼロになる。

それに対して、土地は減価償却というものがない。

 

だから、20年経っても30年経っても価値が落ちないところもあるし、落ちないどころかガツンと上がるところもあるし、ゴーストタウンみたくなって下落するところもある。

 

持ち家か、賃貸かの議論は最終的には「その人の考え方しだい」という話に決着すると思う。

 

年収が高い人なら、多少取得価格が高くても気にならないだろうし、「賃貸は何かあったらいつでも移れるから気楽だ!」という人もいます。

 

ただ、どっちを選ぶにしてもよくよく考えてからの方がいいと思う!

 

あと、「持ち家か」「賃貸か」でもし悩んでいる方がいるなら、経済的な側面から見ればどっちを選択しても同じだから、悩む必要はないと思う。

それよりも不動産をいったん所有してしまうと、圧倒的に『自由度』は失われてしまうということだけは覚悟しておいた方がいい。

 

賃貸は簡単に移ることができる。

賃貸は家族構成や生活水準の変化にも対応できる。

隣にヘンな人が来ても引っ越すことも可能。田舎暮らしや海外移住も選択できる。

 

でも持ち家にはそのような自由は一切ない。

しかもローンを完済するまでは銀行の抵当に取られている。

 

よく言われる『賃貸を選択するのは不利』というのは本当なのだろうか?について、あらかじめ考えておいた方がいいよ。