サカモトハルキのブログ

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

お金の不安から解放されたかったら、お金の取り扱いが上手い人になろう

今、多くの人が「将来のお金の不安」や「老後のお金の心配」を口にしているよね。

ただ僕はいつも不思議に思うんだけど、そういったお金の不安を口にする人って今、結構安定した立場の人が多いような気がするんだよね。サラリーマンの人とか、公務員の人とかね。

 

経営者とか、フリーランスの人、ニートやフリーター、ひきこもりの人がお金の不安を口にするのならまだ話はわかるんだけど、そうじゃないいちばん安定しているはずの人たちがお金に関して巨大な不安を抱えているんだ。

 

僕はずっとそれが気になっていたんだ。なぜいちばん安定しているはずの人たちが不安に苛まれているんだろう・・・?って。

最近なんとなくわかってきたんだ。おそらく今、世間で思われてる「安定」って、本当の安定じゃないんだよ。そして、そのことを自分たちも薄々気がついている、、、

 

だからどんなに世間がその人のことを「安定している」と思っていても、当の本人はちっともそう思えない。

今、そういうパラドックスが起きているんじゃないかな。

 

もっと具体的に言うと、ベルリンの壁の崩壊し、情報化社会ってやつがはじまった。その結果、今、グローバル資本主義というものが台頭してきた。

それはこれまでの価値観とまったく違うものだった。

 

もう年功序列・終身雇用の時代じゃなくなってきたってことだよ。

もう植木等の「サラリーマンは気楽な稼業ときたもんだ!」じゃなくなってきたってことだよ。

 

まだその「名残り」みたいなものは残っているよ。

だけど、もうすぐそれも終焉を迎えようとしている。みんなそのことを無意識のうちに感じ取ってるんじゃないかな。

それがたまらなく人々を不安にさせている、、、

 

みんな自分たちが経済動向や会社の業績などによって左右される危うい存在である、ということを認識しているんだ。

 

いまも昔も「お金」って多くの人を苦しめる問題になっているよね。毎日耳にする嫌なニュースもよくよく目を凝らしてみると、その背景には必ずお金の問題が横たわっている。

でも、お金自体には何の罪もないんだよ。お金は人間がつくったものなんだ。お金は月や草花や雨や風のような自然のものではないんだ。

 

お金の問題を抱えるということは、そのお金という人間がつくったものを上手に働かせることができなかったことの現れなんだ。

それなのに、お金の問題を抱えると、ついつい僕たちは「お金が悪い!」というような言い方をしてしまう。

 

何かお金が人間に対してとんでもない悪さをしているような言い方をする人もいる、、、お金にしてみたら、えらい迷惑な話だよね。

 

自分は何も悪いことなんかしていない、それどころか人間たちが勝手に自分のことを作っておいて、都合が悪くなったら「お前が悪い」「お前のせいでこうなった」と攻撃されるんだ、、、

まるで犯罪者扱いだよ。

 

いちばんの被害者はお金なのかもしれないね。

だから、お金はお金の取り扱いがうまい人のところに集まってゆくんだろうね。

 

だって、そういう人ってお金のことを大事に大事にしてくれるもんね。

決して邪険に暑かったりしない。

「お前のせいだ」とか「お前が悪い」なんて決して言わない、、、

 

お金って、お金を粗末に扱ったりする人のところへは絶対に寄りつかない習性を持ってるんだよね。

だからお金持ちの人の悪口を言ったりする人は、いつまでたってもお金持ちになれないんだよ。あるいはお金を粗末に扱う人ね。

給料が入ったら、すぐに散財しちゃうような人とかね。

 

そういう人って結局、お金の取り扱いが下手な人なんだよ。

つまり、それはお金を大事にしていないってことなんだよ。

だから、いつまでもお金には縁のない人生をおくるハメになる、、、

 

うちの猫だって意地悪をするような人や取り扱いが乱暴な人のところへは絶対に寄り付かないもんね。笑

だから、お金の不安から解放されたかったら、まずはお金を大事に扱って、お金の取り扱いが上手い人にならなきゃね!

 

「安定した職業についている」とか「年収がいくらある」とかっていうことと、お金の取り扱いがうまさは関係ないんだよね。