サカモトハルキの哲学

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

まずは銀行が喜ぶような物件を持ってゆくことが基本のキなんだけど・・・

銀行員が明かす「こんな投資家は融資を引けない」 という記事を読んだよ。

 

 

 

www.rakumachi.jp

 

銀行の人はよく『本部と闘う』という言い方するよね。

各支店の担当者や支店長は審査通したいんだけど、審査部がダメっていうパターンもある。

 

だから融資担当者を困らせないような案件を持っていかないとね!

 

まあ、それがいちばん難しいんだけどさ。 

 

銀行の評価が高い物件というのは築浅で、都会で、土地が広くて、入居者の属性がいいような『資産価値が高い物件』だよね。

ところがですね、こういう銀行が好むような物件だからといって、それが儲かる物件かというと、それが全然違うんだよね。

 

逆に、不動産投資という観点からみると、古くて、入居者の質がそれほど良くない物件の方がおいしかったりするんだ。

なぜなら、そういう物件というのはすごく安く手に入るからね。

 

それに、「低い家賃」を求めてるニーズって、いつの時代もある。

だから確実にお客さんっているんだよ。

 

この辺りは銀行との交渉だよね、、、

そこがすごくむずかしいところです。