サカモトハルキの哲学

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

自由を求める自分の資質に負い目を感じる必要はない

旅気分にしてくれる、ヒッピーでハッピーな映画。 という記事を読んだよ。

 

 

 

www.vogue.co.jp

 

映画『イージー・ライダー』の有名なセリフ。

 

"人々は君のその『長い髪』が象徴しているものを怖がっている。

人々は君に自由を見る。

それがたまらなく彼らを不安にさせるんだ。

彼らは自由なヤツを見るのが死ぬほど怖いんだ…"

 

これ、すごくわかる。

 

 

自由に生きている人は自由に生きてない人から敵意を向けられる。

それは何だろう?

近親憎悪だろうか、それともコンプレックスだろうか。

 

いずれにしても、This is 日本的価値観から見れば、自由に生きようとすることは「けしからん」ことであり、「あってはならないこと」なんだよね。

 

 

長時間労働、会社のしがらみ、社内の人間関係、満員電車、将来不安、生活費の負担

 

そういったものから本気で抜け出したいのならば、デニス・ホッパーやピーター・フォンダのようにドロップアウトする道を選べばいい。

 

やり方はいろいろあると思う。

やろうと思えば、いつでも誰でもできるよ!

 

自由を求める自分の資質に負い目を感じる必要はないよ。

自由を求める気持ちってすごく大事なことだと思う。

 

たとえ、まわりから「地に足が着いてない」とか「夢見がちだ」とか言われたって気にするな!

 

僕も散々、言われてきたけど、今、僕のほうが彼らより10,000倍幸せになってる!

 

自分の心は本当は「ノー」と言っているのに、自分の心に嘘をついて「イエス」と答えてみたり、常識や世間体や同調圧力に負けて「ノー」と言う勇気がなかったりした場合・・・

 

だいたい後で行き詰るよね。

だからもっと自分の心に正直に生きたほうがいいよ。