サカモトハルキのブログ

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

なぜか不動産投資は他の投資法によりも税制面で有利な仕組みになっているという話

 

 

 

税金というのは結構、軽く見ない方がいいと思うよ。僕たちは結構、知らず知らずのうちに税金というものをたくさん払わされているんだ。

勤め人の人なんかは源泉徴収だから、毎月自然に税金を引かれちゃってる。

だから特に意識してない人も多いと思う。

 

でも、よくよく詳しく見ていくと、「えっ、こんなにたくさん払っていたの!?」ということになると思う。

 

しかも、日本は超過累進課税制度だから、所得が高くなればなるほど税率が高くなる仕組みになってる。

だから、どんなに一生懸命働いて年収をアップしても、1年間のうち数ヶ月は『税金のために働いた』みたいな状態になっちゃってるサラリーマンの人も大勢いるんだよ。

 

それなのに親も学校の先生も、子供たちに「いい大学に行って、いい会社に就職して、一生懸命働いて出世しろ! 

そして、定年まで真面目に勤めあげろ』と教育しているんだ。

 

これは税金を徴収するほうの立場からしてみたら、こんなに嬉しいことはないよね。

だって、黙って文句ひとつ言わずに税金をたくさん収めてくれるような人たちが社会にどんどん放出されるんだから、、、

 

加えて、勤め人の節税対策って、ほとんどないんだよ。

まったくないわけじゃないよ。

 

だけど、個人事業主や法人に比べると、極端に少ないんだ。

節税方法がほとんどないんだから、ますます税金をたくさん払わなきゃいけないよね。

 

よくできてるんだよ。話が出来すぎてるんだよ、この国は、、、

税金というのは投資という側面から考えてみると、いろいろ見えてきておもしろいよ。投資にも節税対策が効く投資と、効きづらい投資というものがあるんだ。

 

これもおもしろい。

どっちも同じ投資であることには変わりないんだけど、一方の投資はいろいろな節税方法があって税金を少なくすることができて、もう一方は節税方法がほとんどなくてたくさん税金を収めなきゃいけない。

 

そりゃ、税金が少ない方が手残りが増えるよね! 

なるべくなら払う税金が少なくて済むような投資をしたいよね! 

 

せっかく投資からリターンがあっても、サラリーマンの年収のように税金でがっぽり持っていかれたら、手残りは少なくなっちゃう、、、

 

でも、なぜか知らないけれど、みんなそういう側面から投資を見たりしないんだ。

逆に、払う税金が少なくて済むような投資法が「危険だ!」と言われ、払う税金が多い投資法が「安全だ!」と言われている。

 

この辺もおもしろいよね。うまくできてるんだよ。

さすが頭のいいヒトが考えることは違うね。

 

だから、騙されちゃダメだよ! 「何に投資したらいいか・・・」で悩んでる人は多いけれど、『税金』という側面から考えてみる想像力を持たなきゃいけない。

 

そうしないと、頭のいい人たちの思うつぼになっちゃうよ。

僕の調べた限りにおいては不動産投資という投資法がもっとも税制面で有利にできてる投資法だよ! 

だから僕はやっているんだ。

「これを利用しない手はないぞ!」と思えたからね。

 

それに対して、株や投資信託といったような『紙の資産』と呼ばれている投資法は、必ずしも税制面で有利な投資法とは言えない。

節税方法がまったくないわけじゃないし、iDeCoやNISA、つみたてNISAというものが今、世間を賑わせていることは百も承知だよ。

 

それでも『税制上の有利性』という観点からみれば、圧倒的に不動産投資に軍配があがるんだ。

 

不動産投資には減価償却がある。工事費がある。保険料がある。

支払利息がある。

青色申告特別控除がある。

 

そのほかにもいっぱいある。

さらに僕みたいに法人成りをすれば、さらにたくさんの経費(損金)を落とすことができる。

 

自分や家族に給料を払えば、役員報酬という名の損金で落とせる! 

もちろん、あまりにも過剰に節税対策をやりすぎて、黒字がまったくない状態というのもマズイ。

とくに不動産投資の場合は銀行からお金を借りなければ商売が成り立たない。

 

赤字の決算書だったら、銀行の評価は低くなり、お金を貸してもらえない。

だから、コントロールして、『いいカンジの黒字』にしなきゃいけない。

 

でも、税金を払い過ぎるのも問題だ! 税金をいっぱい払えば払うほど、僕たちの手残りは少なくなってしまうのは事実だからね。

 

株式投資などの紙の資産の場合、配当や売却益に対して約20%の税金がかかる。

それは僕に言わせれば、「相当、高い!」という話になるんだよね。

 

20%だよ、20%! 

100万円儲けたら、20万円が税金でもっていかれるんだよ。

 

それでどうやって大きな夢を実現できるのだろう、、、、僕には皆目見当もつかないんだ。

 

僕は株式投資もやってるけど、メインはあくまでも不動産投資。

僕がセミリタイア生活をおくることができたのは、株式投資のおかげじゃないんだ。

 

まず、不動産投資で大きな実績をつくったことが原因なんだよね。

 

 

不動産所得を増やしたい人は法人と個人の二本立てでいった方が何かといいッスよ!

いろんな意味で。

バンドとしても活躍し、ソロでも活躍するといったカンジかな・・・

 

サザンオールスターズと桑田佳祐みたいな、ね。

 

両方持って、使い分けた方が税金面その他、いろいろメリットがあります。

不動産投資である程度のところまできたら法人と個人と両方の名義を使い分けた方がいい!

 

法人税対策に役員報酬を増やす

しかしそれだと今度個人の所得税や住民税が高くなる

よって個人名義でも不動産を所有し、節税対策をする

 

 

 

www.fudousantoshi-times.com