サカモトハルキのブログ

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

失敗したとき、自分を責めるな。分析しろ!

自分の力で生き抜く時代、失敗から学びを という記事を読んだよ。

 

 

 

business.nikkei.com

 

つまずいた時、それについて考えを巡らせることと、自分を責めることは違うよね。

 

自己否定はとってもラクな選択。

自分を責めてダメなヤツ認定しちゃえば、あとは何も考えなくてもいい。

嫌な部分を見なくても済む

 

でもそれじゃ、何も成長しないよね。

自分を責めなくていいから、分析しよう!という話。

 

ところが多くの人は分析したり、考えたりするのではなく、自分を責めちゃって自己嫌悪におちいっちゃうんだよね。

そして自信を喪失して、やる気をなくしてしまう、、、

 

 

何かに失敗するってことは素晴らしいことなんだよ。

失敗から学ぶことっていっぱいあるからね。

 

僕なんか失敗だらけの人生だったよ。

勉強もできなかったし、学校の人気者タイプでもなかったし、社会人になってからもそれほど優秀なビジネス・パーソンでもなかった。

 

一応、不動産投資の会社をつくって、10期目に突入したけど、この10年だって山あり谷ありだったし、それ以前の不動産投資でもいろいろと失敗してきたしね。

 

僕は失敗の積み重ねによってここまできた!みたいなところがあるからね。

 

でもその失敗から何かを学べばいいんだよ。

そこで得た知識や経験って必ず役に立つよ。

何事もなく、平穏無事にスルスルっと来ちゃった人のほうが危ないと思う。

 

 

だから、何かにつまずいても、ヘンに落ち込む必要はないんだよ。

「何が悪かったんだろう」「どこに問題があったんだろう」というところに目を向け、そこを修正していけば、必ず微調整されて、やがて洗練されてゆくよ!

 

うまくいってる自分

うまくいってない自分

どちらも『自分』だ。

 

片いっぽうだけを可愛がってばかりいたら、もう片いっぽうが可哀想だよ

 

自分の弱さや情けなさ、マイナスな部分もひっくるめて愛してあげよう。

そしたら、そんなに必死にならなくてもよくなって、もう少しラクに生きられるはず。

 

何がプラスで何がマイナスかは、あとになってみないとわからないよね。

一見、悪い出来事であっても『それが起こってくれたから新しい展開が開けた』ってこともよくある・・・

 

つまり、起こる出来事それ自体は常に中立なんだよね。

どんな物事にも必ずプラスの要素とマイナスの要素の両方があると思うな。