サカモトハルキの哲学

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

不動産投資以外の投資の場合は分離課税なので、節税効果が薄くなる

『世の中にはいろんな投資法があるけれど、不動産投資ほど税制上有利な投資法はない』ということに気づいたときの僕の驚きと胸の高鳴りをどう表現したらいいんだろう! 

 

僕はその瞬間、「これだ!」と思ったよ。「これこそが僕の探し求めていたことだ!」と。

もちろん不動産投資のメリットは税金面だけではないよ。そのほかにもいっぱいある。だけど、まずはこの税金面で有利という部分だけでも僕は強く惹かれたんだよね。

 

株式投資もメリットはいっぱいあると思う。僕は投資信託は大嫌いだけど、個別株への投資はやってる。だけどやっぱり、どんなに配当を受け取っても、キャピタルゲインを得ても、「20%の税金が取られる」というのはかなり痛い・・・

しかも株式投資の場合、明らかに不動産投資に比べて経費で落とせる範囲が狭い。減価償却費も工事費も使えない、、、

 

年間どんなに株式投資から利益を得たとしても、そのうちに20%が税金で持っていかれちゃうというのは、やっぱりおもしろくない。それならいつまで経っても「行って来いチャラ」で、大きなところに到達できない。

僕はそんなふうに思ったんだよね。

 

株式投資などは分離課税だよね。この分離課税の問題点は、「損益通算ができない」ということなんだよね。サラリーマンの人は給与所得というものがあると思う。

不動産投資の場合は損益通算ができるので、もしも不動産投資のほうで損失が出たら給与所得と相殺することができるんだ。

 

その分、給与所得が減るから、結果税金も安くなるというわけ。ところが株式投資の場合は分離課税なので、株式投資で損失が出たとしても給与所得と相殺できないんだ。給与所得のほうにはそっくりそのままの金額に税金がかかっちゃう。

 

もちろん、損失分に関しては税金はかからないんだけど、それでもたとえ損失がほかの所得と相殺できないという部分はデメリットといえるよね。

これに対して不動産投資の場合はまったく話が変わってくるんだ。不動産投資の場合は損益通算ができるんだよ! 

 

だから、もしも不動産投資をやって損失が出た場合、給与所得から不動産投資の損失分を引いて、残った金額が税率を掛けることになる。だからその分、税金が安くなるんだ。これが損益通算のメリット! 

 

そして、この損益通算というものを使えるのが不動産投資の魅力のひとつなんだよね。だから年収の高いサラリーマンのヒトなんかは税金対策のために不動産投資をやってる人も結構いるよ。

 

そういう人にとっては不動産投資で損失が出たとしても、痛くも痒くもないんだ。たとえマイナスになったとしても、その分、所得税が安くなるからね。

「それでもいい!」ということで結構エリート・サラリーマンなんかはRCの物件なんかを買ったりしているよ。

 

僕が以前、札幌で購入した物件の元のオーナーがそういう人だった。東京在住のパイロットの人で、おそらく年収は2,000万以上あったんじゃないかな。

日本は超過累進課税制度を導入しているからね。所得が多ければ多いほど税率が高くなっちゃう仕組みになっているんだ。

 

年収がそれほど高くない人は税率も低いからそれほど気にする必要はないかもしれないけれど、年収が高い人はそれだけたくさん税金をおさめなければならないんだ。

 

個人の場合は『所得税』というものを、法人の場合は『法人税』という税金を収めることになっている。この記事では所得税のことを取り扱ってみたけど、僕みたいに会社を設立すると、今度は法人税を納めなければならないということになってくる。

 

そしてこの法人税というのもおもしろい仕組みになっているんだ。法人には個人よりもはるかに多くの経費が認められている。だから上手にやりくりすれば、税金をグッと低く抑えることができるんだ。

 

僕がなぜ不動産投資というものをやっているのか? それは不動産投資というものが他の投資法よりも税制上の優遇処置がいっぱいあるからだよ。

しかも僕の場合は法人名義で不動産投資をやっているから、さらに法人としての税制上の優遇処置を受けることができるんだ。

まさに鬼に金棒だよ!