サカモトハルキのブログ

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

投資から得られる儲けを未来に先延ばしして本当にいいのか問題

「確定拠出年金は入るべきではない」というシンプルで衝撃的な結論 という記事を読んだよ。

 

 

 

www.mag2.com

 

100歳まで生きるかもだけど、70歳で死ぬかもしれないよね。

あるいは60歳で死ぬかもしれない。

 

いのち短し恋せよ乙女よ。

 

なるべく早くお金が手に入るならそれに越したことないよね。

 

でも今、また投資信託が流行りはじめている。

リーマン・ショックの頃、ITバブルの頃とそっくりだよ!

あの頃も投資信託が流行った、、、

 

投資信託というのは「長期」「分散」「低コスト」を謳い文句に、『ずうーっと保有し続けろ!』と説くもの。

ほとんどの人はそれがいいことだと思ってる。

そうやって保有しつづけていれば、勝手に雪だるまはふくらんでゆくものだと思ってる。

 

でも、果たして本当にそうかな、、、

 

僕はキャピタルゲインを目的に投資はしない。

僕が投資をする目的はただ一つ。

インカムゲインを得るためだよ!

 

不動産投資だったら家賃収入、株式投資だったら配当や株主優待。

僕はインカムゲインが得られないようなものには投資したくないんだよね。

 

だって、いのち短し恋せよ少女だからさ!

生きてるうちに楽しまなくちゃ!

 

今もらって30年間ハッピーに暮らすのと、必死に耐え忍んで耐え忍んで30年後40年後にもらうのと、どっちがいい?

 

今を生きよう!

カーペ・ディエム!!!

 

それから、これが非常に重要なことなんだけど、そうやって30年間40年間耐えて耐えて、我慢して我慢して・・・・・・本当にもらえるの?

 

もしも引退するときがちょうど株式市場の冬の時代だったら、どうするんだろう、、、