サカモトハルキのブログ

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

不動産投資では銀行のレベルとか諸条件よりも、「まずは融資をしてもらうこと」の方が大事という話

はっきり言って、不動産投資は銀行からお金を借りられるかが最重要ポイントだと思う。

どんなにノウハウを蓄積しても、銀行からノーと言われちゃったら話にならない。

 

極端な言い方をすれば、融資の審査が通るためだったら何でもする!ぐらいの意気込みがないとダメだと思う。

 

だって、これは商売だから。

ビジネスだから。

カッコ悪いだの、プライドがどうのこうのなんて言ってられないのさ。

 

だから僕も取引してるけど、最初の頃はカッコつけないで『信金』でも全然いいと思うよ。

どっかで「信金と取引してるなんて、なんかカッコ悪いな」と思ってない?

 

商売やるんだからカッコ悪いとか言ってられないよ。

多少、金利は高いかもしれないけど、信金はいろいろ無理も効く。

融通も利くしね。

 

このあたりはその人の考え方次第だよね。

格好やメンツにこだわって、せっかくのチャンスをフイにしないようにね。

 

 

www.kouseishousho.jp

 

 

『ナニワ金融道』なんかを読んでる人は「公正証書」という恐ろしい公文書がこの世に存在することを知っていると思う。

そして、この公正証書。実は不動産投資と無関係ではないんです。

 

大きな銀行などでは求められることはまずないけれど、一部の信金などでは求めるケースもあるんだよね。

 

「公正証書」なんて普通の生活を送っていたら、まず馴染みのないものだと思うけど、『信金からナン億円も借金をする』ってレベルになるともうそれは明らかに「普通の生活」ではないという話になる。

 

ここをどう解釈し、判断するかによって多額の資金を融資してもらえるかどうかが変わってくるよ。

 

公正証書の詳しい中身についてはググってもらいたいんだけど、要するにもしも何かあったら強制執行もできる(つまり、財産を全部持っていかれる)。

 

しかも裁判の確定判決を受けなくても強制執行ができちゃうという世にも恐ろしいものなんだよ。

 

さて、ここをどう考える?

 

アパート経営というのは完全に『本格的な事業をする』ということ。ある程度の規模までいったら、もう後戻りはできない。

「やっぱりサラリーマンに戻ります」ってわけにはいかないんだ。

覚悟が必要だよ! 相当な覚悟が

 

さらに連帯保証人や場合によって自宅も担保に出せと要求されることも

 

 

それでも『前に進む』という判断をした人だけが辿り着ける場所っていうのがあるよ。

 

うまくいったら、圧倒的な自由とハッピーを手にすることができる。

でも、もし失敗したら・・・

 

それは想像するだけでも恐ろしい事態が待っている

 

たいていの人はここで引き返す。

さて、みなさんはどうする?

 

「そんな恐ろしいものを要求してくる金融機関と取引なんかしたくない」

「そんなものを要求してくる金融機関はレベルの低い三流の銀行だ」

 

そうおっしゃる気持ちもよくわかる。

それも一つの考えだよね。

 

ただし、信金は一般的な銀行に比べると、審査がゆるい。

大きい銀行は要求してこない代わりに、『枠』が厳しい。

 

枠が厳しいと、「本格的な規模」にまで到達できない

 

さて、ここをどう考える?

 

僕たちは商売人だよね?

商売人って、プライドとかカッコ悪さとか世間体みたいなものって必要だったっけ?

 

そりゃ、「〇〇信金がメイン・バンクです」よりも、「三菱UFJ銀行がメイン・バンクです」と言えたほうがカッコいいかもしれない。

 

でもね、不動産投資を本格的にやってゆくうえでいちばん重要なことは、『いかにして銀行からたくさんお金を借りられるか?』でもあるんだよね。

そこを忘れてはいけない。

 

いい物件を見つけることは頑張ればできるかもしれない。

だけど、どんなにいい物件を見つけたとしても、銀行の審査が通らなければ話にならないんだ。

 

融資が断られたら、どんなに物件を買い増ししたくてもできないんだ、、、

 

僕たちは商売人であることは忘れてはいけない。

商売人は土下座してでも銀行から融資を引っ張ってくるくらいの覚悟を持たないと!

 

「カッコ悪さ」とか「みっともなさ」とか、そんなこと言ってる場合じゃないんだよね。笑