サカモトハルキの哲学

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

不動産所得は他の所得に比べて税制面で有利なところがいっぱいある

不動産投資をはじめる人のほとんどの人がサラリーマンや公務員といった、いわゆる『勤め人』の方だと思う。勤め人の方は言うまでもないことだけど、「給料」というものを会社から受け取るよね。でも、確定申告をする必要はない。源泉徴収されて、それで終わり、、、

 

日本の場、この源泉徴収っていうかたちで所得税をおさめる人が圧倒的に多い。だから会社の経理部のほうで全部やってくれるので、ラクチンなんだよね。

 

でも、もしもこの会社から支給される給料やボーナスのほかに収入があった場合は、勤め人でも確定申告をしなきゃならないことになってる。

たとえば、サラリーマンをやりながら不動産投資をはじめて、家賃収入なんかがあった場合。そういう場合はきちんと確定申告をして、「不動産所得があった」ということを申告する義務が生じる。

 

もしも不動産所得があったのにもかかわらず、それを申告しないと、『脱税』ということになっちゃう、、、

 

もちろん、給料のほかに収入があるってこと嬉しいことだよ。誰だってお金はなるべく多くもらいたいはずだよね。

でも、所得が増えた・お金を多く受け取ったということは、それだけ『払わなきゃいけない税金も多くなる』ということを意味しているんだ。

 

日本は超過累進税率といって、所得が高くなるにつれて所得税の税率も高くなる仕組みを採用をしている。だから、儲かれば儲かった分、その分多く税金も払わなきゃいけないんだ。

 

もしも、サラリーマンや公務員が不動産所得に限らず、なんらかの形でほかに収入があった場合、確定申告をする際にその旨を申告しなきゃならないんだ。

しかも、ほとんどのケースは給与所得と合算して課税所得が決まる。だから給与所得のほかに所得がある人は、よりいっぱい税金を払わなきゃいけない事になる。

 

つまり、超過累進税率というのは稼いでも稼いでも税金で持っていかれる仕組みになってるってわけなんだ。

 

税金を徴収するほうにとってはおいしい制度かもしれないけれど、税金を払うほうはたまったものじゃない。しかも、所得が多くなればなるほど税率も高くなってゆくので、下手したら「1年間のうち3、4ヶ月は税金のために働いた(稼いだ)」ということになる場合もあるんだ。

 

でも、そんなデメリットだらけの超過累進税率のなかで、僕がやってる「不動産投資」ってやつはまだ恵まれてるほうなんだ!

なぜなら、不動産投資は税制面でかなり有利な仕組みになってるからなんだよ。いろんな経費が認められているんだ。

 

具体的に言うと、減価償却も経費になるし、支払利息も経費になる。保険料も経費になるし、条件付きだけど工事費も経費になる。税理士費用も経費だし、管理会社へ支払う管理料も経費になる。建物の水道、電気の料金も経費、青色申告をすればさらにおトクな仕組みも用意されている、etc・・・

 

さらに、僕みたいに法人成りをすると、もっともっと税制面で有利なことがいっぱいあるんだ! 

僕が数ある投資ビジネスのなかで『不動産投資(アパート経営)』というものを選んだのは、その「税制面で有利」というメリットに惹かれたことも大きいんだよね。